ドイツのワイン。

先週、
ドレスデンから足を伸ばし、マイセンからちょっと行った所にあるワインシャトー「シュロス・プロシュヴィッツ」を訪問してきました。
最近はここのワインは、ベルリンでも簡単に手に入るので
何か違う物を……と思って見つけたのが
バルサミコ酢。
ねっとり濃厚で甘くて、ちょっと燻製のような香りがあります。
これを肴にワインを飲もうというのが、昨晩のテーマ。
d0086063_18404080.jpg

パンはシンプルなチャバッタを焼いて、
飲める方を呼んだので、大好きな白ワインを開けました。
Mueller Catoir
1744年から続く、プファルツ地方のワイン農家のものです。
いろんなところで飲んで、気に入ったので買ったのですが
私は量があまり飲めないので、なかなか開けられずにいたもの。
すっきりしてちょっとスパークリングのような、飲みやすい白ワインでした。
(2004年のリースリング)
ドイツはリースリングで有名で、
リースリングだけじゃない、他のもがんばってる!とは言われるけれども
リースリング、やはり外れなく美味しいし、下戸には飲みやすくて嬉しいのです。
ちなみに、プロシュヴィッツのものではゼクト(スパークリングワイン)が
夏にぴったりで飲みやすい(危険)。

リースリング、パン、バルサミコ、パン、リースリング、パン、パプリカのマリネ、
オリーブのペースト、リースリング、パン、バルサミコ、松の実のペスト……。
次、次と永久運動のように飲み、食べてしまう組み合わせ。
いつの間にか赤ワインも開いて、
夜は更けていくのでありました。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-30 18:38 | 食卓のこと

タンポポ料理2種。

最近、ちゃんと料理をしていないので
普段あまり使わないけれども、気になっている食材を使って
料理をしてみることに。
丁寧にご飯を作っていると、なんとなく気持ちが柔らかく落ち着いてくるのです。
そして美味しいご飯を食べれば、満腹&幸福というわけ。

選んだ素材は
「ライオンの歯(Loewenzahn)」、タンポポです。
d0086063_713025.jpg

苦みが胃に効果があると言われる食材ですが、あまり苦いのも嫌なので
サラダに使ったタンポポは苦みを抜くために
ぬるま湯に10分ほどつけました。
生で使わないならば牛乳で煮るのがいいとか。
茎の部分をさっと煮て甘めの胡麻和えと、
葉の部分とオレンジと鶏肉を合わせた
胡麻ソース(胡麻和えを水とお酢で少しのばしただけ)のサラダ。
上には最近スプラウトトレー(Keimgeraet)で作っている
アルファルファをのっけました。(アルファルファはマイルドな味。)
胡麻和えはほうれん草が定番ですが、
ねばねば好きの私はオクラも好き。
タンポポを茹でて火を止めた鍋に、オクラを少し入れて火を通し
刻んで入れてみました。
d0086063_72487.jpg

おおっ。
美味しいじゃないですかー!(自画自賛)
今度、公園で摘もうかな……。
いまドイツでは野草(というかその辺に生えている草)摘みが流行っています。
身近にみかける雑草が、実は美味しい!実はビタミン豊富な薬草だった!
あとはやはり、お金がかからない!
というところが人気の秘密でしょうか。
私ももっと知りたくなりました!
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-28 07:03 | 食卓のこと

ベルリンの美味しいカフェ、ベスト3!

ひっそり続けているベルリンのカフェチェック。
見た目などの要素はあまり考慮に入れず、
あくまでもカプチーノ&ラテマッキアートの味が良いことを条件に
色んなお店を試してみています。

今のところ、マイ・ベスト4まで決まっていますが
チェック場所が偏っているので、
まだまだ美味しいカフェが眠っているであろうと思います。
特に、西側はチェック不足!
シャルロッテンブルクのイタリアンレストランは
気さくな店構えでもコーヒーが案外美味しくて
おおっと思うところも多いです。
ベルリンに住まれている方で、
美味しいお薦めカフェがあったら、ぜひ情報を頂けたら嬉しいです!!

さて、
ベスト1は
エスプレッソが苦手な私も飲める「D」(シェーネベルク)。
ここは断トツで美味しいのですが何せ家から遠いので、近くに行くことがあれば
なんとしても、ちょっと足を伸ばして飲みに行きます。
運動不足だなと言う時には頑張って自転車で運動がてら行きます(笑)
営業時間やお値段が半端なのもいい!

2は
イタリアンなお値段(格安)と、こってりクリーミーな泡がすごい
「I・S」(ミッテ)
ひげ面のぽっちゃりした無口のオーナーがいい感じ。
他のウェイトレスも感じが良く、軽食メニューのピアディーニャも美味。
茄子と辛いサラミ入りが個人的なお気に入り。

この2店はいまのところ、私のベスト・カフェで
人と会う時は必ずこの場所をしているほど。

後は3、4位には
私がベルリンに来た当初から通っている
ロナウジーニョ似の陽気なブラジリアンのお店「B」があるんですが
最近は私はここでほとんどカフェを飲まず、
フルーツシェイクを頼んでいるので、ベスト2には食い込まず。
新しい店が浮上したり、
やっぱり前のが良いなと株が下がったりと言う感じですが
最近気に入っているのが市場に出店している移動式のカフェ「O」。
d0086063_232175.jpg

真っ赤なピアジオの後ろに積みこんだカフェマシンで、
試行錯誤したオーガニックコーヒー豆のミックスを
その都度挽いて入れてくれるカフェ。
コーヒー自体も美味しいし、
外で飲む雰囲気もごちそう。
ラテはちょっと牛乳率が高いので、カプチーノが好みです。

マッチ箱をつかむ腕みたいなものがついた灰皿が素敵で、煙草も吸わないのに欲しくなってしまいました。もちろん売ってはいただけませんでしたが。
ミニワイン瓶を使った花瓶とか、赤い糸で結んだ説明カードとか
なんとなく「オリーブ少女」で、いちいちなにげなく「カワイイ!」と
言いたくなるセンスにあふれてます。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-24 02:34 | ベルリンのこと

ベルリンの窓より……

ベルリンのショーウィンドウは面白いものが多いです。
マニアックな楽しみかたというか、
こんなのアリなの?!というショッキングなものから
とほほなものまで。
あり得ない!なんじゃこりゃ!と思いつつ、
せっせとカメラに収めてしまうのですが
昨日見たショーウィンドウはすごかったです。

あるカフェの窓に張られていたもの。
d0086063_22441022.jpg

「私達はこの友だちと別れました」とあり、
名前が羅列された上、最後に「彼らを決して懐かしく思うことはないでしょう」
と書かれています……。

一体何があったの?

場所はクロイツベルク。
ご興味のある方は探してみて下さい。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-23 22:56 | ベルリンのこと

重量挙げ、マティアス・シュタイナーの金!

1週間ほど、
ベルリンを離れていました。
ドレスデン、カッセル、フルダから車で……
おいしいご飯やワインも楽しんできました♪
d0086063_15522742.jpg

写真は、フルダでみかけたアイス屋の看板です。
(ご飯は撮る暇もなく食べてしまったので)

ホテルに泊まるとき、楽しむのがTV。
普段TVが無い生活をしているので、口を開けて
吸い込まれるようにTVを見てしまう。
まさにTVは麻薬……やっぱり家にあったらまずい。
しかし、
オリンピックのニュースは面白い!

ドイツも色々ありましたが
いまのところ一番良かったワンシーン、と言えば、
ドイツの重量挙げ選手Matthias Steiner の金メダル!!
床をばんばん叩いて大喜び、トレーナーとのあの喜びよう!
そして、
もともとはオーストリア人なのですが、
オーストリアのスポーツ協会ともめ
半年前からドイツ人のパスをもらい、今回はドイツの金メダルとなります。
また彼は、1年前に交通事故で亡くなった妻がいて
彼女が側についていてくれたから勝った……というストーリー…

中国の新聞などでも大きく取りあげられたようです。

奥さんは重量挙げが好きな人で
彼の話をTVか雑誌かなにかで知って、コンタクトを取り
交際が始まったとか。
重量挙げというのも特殊なスポーツだなあと
オリンピックを見る度に思いますが、
「重量挙げが好き」という女性も居るんですねえ……。
人の好みは色々です。

こちら
ヨーロッパ選手権で全てのメダルを獲得した時の映像です。
こちら
今回のオリンピックのものですが、写真をつないだ映像です
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-21 15:52 | ドイツのこと

アイゼンヒュッテンシュタットで、東独にタイムスリップ。

引越してからというもの
あっという間に時間が過ぎていきます。

先日はアイゼンヒュッテンシュタットに行ってきました。
ポーランド国境にほど近い街は、
東独時代、計画的に作られた産業都市だったといいます。
駅のアナウンスも無い閑散とした駅に降り立ち、
街の地図を見てみると
都市の名前の通り鉄鋼業の街だったこの街には、今も巨大な鉄鋼会社があるよう。
しかし、車から見える古いプラッテンバウは
窓が板で打ち付けられ、ドアが封鎖されている。
その隣に、カラフルにリノベーションされたブラッテンバウがある。
かんかん照りつける夏の日差しが、誰もいない道と
空っぽのビルの寒々しさを一層くっきりと際立たせているようで
ちょっと悲しくなりました。

訪ねて行ったのは、旧保育園を使った
旧東独の日常生活ドキュメンタリーセンター」。
学芸員さんが「よっこいしょ」とオープンの看板を立てかけながら
「どうぞどうぞ」と気さくに招き入れてくれました。
d0086063_2372728.jpg

中は驚くほど見応えたっぷり、
本なども手に取ってみることができるし、音楽や映像も面白いものばかり!
写真は、50年代〜の広告ポスター、
それから旧東独国営航空「インターフルッグ」のグッズです。
特に広告映像は面白いものが多くて、1時間近くも見入ってしまいました。
(ドレスデンにあるHygiene Museumの広告が人形アニメで可愛い!!)
そして、1990年、壁が開いたのに伴って
封鎖が開かれた、フリードリッヒシュトラーセ駅のドキュメンタリーもあり
その映像も最初から最後までじっくり見てしまい、
気付いたら3時間以上もミュージアムで過ごしていました。
d0086063_2381619.jpg

小さなミュージアムで
私が居た3時間の間に、観客は3人(私を含め)だけ。
経営は大丈夫かな?と心配になってしまうのですが、のんびりしたもので
「この辺を歩くんだったら、地図あげますよ」と無料で地図をくれたり
カードをおまけしてくれたり。
広告映像とか、ポスターとか、良い物が沢山あるのに
なぜこれを販売しないんだろう?もっと儲けられそうなのに!
と思いましたが……
商売っけがないところがまた、ちょっと心ひかれる部分でもあります。
東独のプロダクトをアルファベット順に並べた「旧東独のABC」という別館
(というか空き店舗を使った展示)が近くにあり、
また、旧東独の部屋を丸ごと再現する場所も準備中とか。

ベルリンからそれほど遠くないのですが、電車だとちょっと不便なため1日がかり。
でも、旧東独に興味がある人は足を運ぶ価値有り!!です。

いまでも隣に幼稚園があり、
扇風機のぶんぶん回る音しか聞こえないミュージアムの窓の向こうから
子ども達の声が聞こえてきて、東独時代もこんな風だったのかなと、
タイムスリップしたような気持ちになりました。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-11 23:14 | ベルリンのそと

ひげ・オリンピック?

8月8日、
オリンピックが始まりますね〜。
ドイツではでも、新聞のスポーツ面ではドイツ選手の話、
でも政治面では、北京でのネット規制の話や中国の強制労働やセキュリティーの話
記者がビザをもらえない話、とかそういう感じの記事が載っていて
複雑な感じです。

さて。
オリンピックではないのですが、
先日(8月1日)のスイス建国記念日のイベントで
アルペンひげコンテスト、が行われていました。
d0086063_14392465.jpg

スイス建国記念日には、毎年違う州が担当になり、
その州の特産品や名物料理を無料でふるまったりするスイス大使館。
今年はハイジの故郷グラウビュンデン州が担当で、
山羊のパレードがあったりしたのですが、
私が興味を持ったのは「アルペンひげ」コンテストでした。
ベルリンのアルペンヒゲコンテストの優勝者は、
グラウビュンデンで行われる、ヨーロッパ・アルペンヒゲコンテストに参加できるとか。(そんなんあるんですねえ………)

ドイツでもヒゲコンテストは毎年あるのですが、
前回まではベルリンで開催されていて、今年から開催地が変わってしまったんです。
りっぱなおひげは、毎日のお手入れのたまものとか。
寝る時は髭バンドをするんだそうです(寝癖防止??)。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-08 14:40 | ベルリンのこと

今日は少し涼しいベルリンですが……

立っているだけでも汗がしたたるようなじっとりした暑さには
「アイスカフェ」が美味しいです。
ドイツではコーヒーフロート、バニラのアイスクリームを浮かせた
冷たいコーヒーを指します。
近所のカフェに、「アイス・カプチーノ」があったので
注文してみました。
アイスクリームは無し。
冷たいエスプレッソによく冷えたミルク、アイスキューブ。
苦みが利いててなかなか美味しいです。
d0086063_21505075.jpg

朝飲むコーヒー用のエスプレッソを多めに作っておいて
冷蔵庫で冷やし、ちょっとだけ生クリームをたらすのもイケます。
後は、水で出したミントティー。
ショウガで「ひやしあめ」もどきを作るコトも。

が、やはり夏は麦茶。
麦茶もしょっちゅう作るのですが
すぐ飲んでしまうので、作るのが追いつきません。
ドイツでも代用コーヒーというのがあるからか、ドイツ人にも麦茶の香ばしさは好評。
ラーメン屋さんで飲んだ友達たちが、美味しいと言うので
作ったのですが、確かに誰に出しても喜ばれます。
個人的には冷たい緑茶も好きですが……。
自販機ですぐ色んな種類の冷たーいお茶が買える日本が
ちょっと懐かしいです。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-08-02 21:51 | 食卓のこと

ジャージャー麺

毎日30度を超す暑さが続くベルリン。
やっと夏らしくなったので、嬉しいは嬉しいんですが
外で自転車を走らせると、
走っている間は良いんですが、止まった瞬間汗が……。
坂道ともなると、汗をふきながらで
レッチュさんのように滑らかな走りにはなりません。

暑い日にはやはり
冷やしうどんということで、久しぶりにうどんを打ち(踏み)ました。
ウーウェンさんのレシピを参考に、
ジャージャー麺風の肉味噌とたっぷりのキュウリで。
ジャージャー麺というのはなんとなく
「ジャージャー」炒めるからと思っていたのですが
ちゃんと漢字があって驚きました。(炸醤麺)

d0086063_1428658.jpg

[PR]
# by berlinbau7 | 2008-07-30 14:28 | 食卓のこと

「Sportsfreund Loetzsch」

昨日、久しぶりに映画を見てきました。
「Sportsfreund Loetzsch」。
d0086063_17145774.jpg

自転車競技選手として頭角を現し、世界のトップになれたかもしれないのに
旧東独政府にその選手生命を奪われた
ヴォルフガング・レッチュのドキュメンタリー。

映画は、選手達がずらりと並び自転車を走らせている様子から始まります。
場面が変わり、レッチュが「あそこに居たんだ」と刑務所を指差す後ろ姿。

1952年、ケムニッツ生まれの
ヴォルフガング・レッチュ(Wolfgang Loetzsch)。
自転車を走らせることだけに生き甲斐を感じ、走らなければ生きられない、と
まで言う彼は、若い頃から様々なレースに優勝し
オリンピック出場を嘱望されていました。

1970年。
数々のタイトルを獲得し、自転車競技選手として輝いていた18歳の
レッチュは、政党に属することを拒否します。
「彼は政治に興味が無かっただけ。ナイーブだったんだ」と、当時のコーチ。
政治に興味が無かったから、政党に入らない。
彼の足をマッサージし、つきっきりでいた親たちも、
彼には走ることに専念させたいと考えていたようです。
しかし、それが大きな間違いでした。
それ以降、シュタージに目を付けられた彼の「調書」が
ナレーションとして挿入されます。

曰く
「1964年に西ドイツに逃げた従兄弟がいる」
「祝日に国旗を出さない」
「車の手入れをする時に西ベルリンのラジオを大音量で流している。
道行く子ども達にもその音が聞こえる程の音量だ」

コーチ達にも、情報提供者になるようにシュタージからの手が延び
レッチュは四面楚歌の状態に陥ります。
オリンピックにも選ばれず、苦汁を飲むことに。
しかし、彼は勝ち続けることだけが道を開くと信じて
ひたすら鍛え、走り続けました。
しかし、どうにもならない。援助は打ち切られ、走ることすらも難しい。
思いあまった彼は、西側の新聞に働きかけて
自分について記事を書いてもらおうと画策。
南ドイツ新聞に記事が掲載はされたのですが、
その記事は、西ドイツ政府を動かし、東独に働きかける程には大きい反響はなく
逆に東独政府からの締め付けだけが、大きくなってしまったのです。

1976年。
「国を中傷」したかどで10か月刑務所に。
朝から晩までトレーニングを欠かさず続けていた人間にとって
体を動かすことができない生活は厳しい物でした。
出来る限りのトレーニングを続けた彼は、
なんと刑務所を出た後に出場したレースで、
2、3位に大きく差をつけて優勝したのです。
しかし、東独政府はこの事実を隠蔽し、彼にメダルを与えず
2、3位の人間を壇上にのぼらせて1位を与えようとしました。
目の前でレッチュの走りを見ていた選手の1人は、代わりの1位になることを拒否し
その「罪」により、やはり選手生命を奪われました。

「8冊もある分厚い調書を見たとき、同じ選手仲間はもちろん、
親友も情報提供者として名前があった。まあ、ショックでしたよ」
どちらかというと感情を激しく表さないレッチュは、肩を怒らせるでもなく
ぽつりぽつりと言葉を発します。
「壁が開いた時に、ホーフまで260km走って西の100マルクをもらってきた。
(Begruessungsgeldといって、東の人が西側からもらうことができたお金)
こんなフェンスー壁ーが、私の人生をめちゃくちゃにした」

壁が崩壊したのはレッチュが36歳の時。
これから新たな選手人生を送るには、遅すぎたのです。
レッチュは今、
「ミルラム」の自転車チームでテクニカルスタッフを務めています。


壁が崩壊してから、20年近くが経とうとしています。
私にとっては当時、「世界史が変わった」という漠然とした認識だけで
壁が崩壊したこと、その意味を実感するのは難しいことで
実際にそこに住んだこともない人間が、世界や国を否定することはできないと思っています。
しかし、シュタージの存在、
人を虐げてその国に居させなければ国が成り立たないという状態はやはりおかしいなと。
この映画は、監督の言葉もなく
レッチュのように淡々と、起こった事実を追い、コメントを流しています。
当時のシュタージの人も出てきますが、
彼は全くシュタージのあり方に異を唱えるつもりは無さそう。
「しょうがなかったんだよ」
でも、
しょうがなかった、で人生の意義を消されてしまった人は
どうしたら良いのでしょうか。
ミルラムチームの若造に顎で使われるレッチュ。
もしかしたら、彼の目標となるような金メダリストになっていたかもしれないのに……。苦いです。


先日、ニュースで
旧東独地区のギムナジウムの学生(16〜17歳)は
誰が壁を作ったかも知らないと話題になりました。
55%のブランデンブルク州の学生が
「シュタージは、どこの国家も持っている普通の諜報部だった」
と答えています。
旧東独に死刑があったことも2割の生徒は知らなかったそう。
私の歴史の知識もボロボロなので、彼らを笑うことはできませんが
「レッチュ」の映画を学校で上映したほうがいいかも。

バビロン・ミッテで来週の水曜日まで上映しているようです。
ザクセン訛りが聞き取りにくいですが、英語字幕もついてます。
旧東独に興味がある方には、力いっぱい一杯お勧めしたい映画。

日本でも上映されると良いな。
[PR]
# by berlinbau7 | 2008-07-29 17:13 | 映画、だいたいドイツ