ドイツワインは美味しい!

昨日は、ドイツ格付けワイン農家のプレゼンテーションを見てきました。
格付けワイン、Praedikatsweinと呼ばれるワインは、ドイツワインの中でも優良と認定されたワイン農家で作られているもの。
認定している団体は、1910年に結成。当時から今日にいたるまで、アルコール度を高めるために糖度を調整せず、あくまでも自然の方法を使い続ける、高品質なワイン農家だけで構成されているという話。ドイツのナチュラルワインの知名度を高め、また品質をよりよくするために努力している団体なのです。
日本でドイツワインを買われるときも、ワイン瓶の首のところに、胸にぶどうがプリントされたワシのマークがついているので、参考にして見て下さい♪

私は、ほとんど一滴もお酒が飲めない・・というか飲むと次の日頭痛、朝どうしても目が覚めなかったり、体がだるかったり、お酒を分解する酵素が体の中にない、という体質なのですが、ドイツワインだけは、農家を訪ねたりして、良く知りたいと思っている分野なのです。

イタリアやフランスのワインに比べて、ドイツワインはまだまだ知名度が低いのが現状。
実際、ドイツ国内でもドイツワインの地位はあまり高くありません。
でも、
昨日、プレゼンテーションで、一口ずつ口に含みながら試飲したワインの美味しかったこと!
辛口の白ワインが、ドイツワインの中でもはずれなく美味しいものだと言われていますが、
赤ワインも、最近は国外のワインコンペなどで受賞しているものも多く、
美味しい物が増えています。

・・というわけで、今回は、ドイツの美味しい赤ワインを探す!というのを目的に掲げて
このプレゼンテーションを回ってみました。

ワイン通ではないうえ、下戸の私なのですが、
そんな私でもおおおっ!これは、と思った赤ワインが
以前、Goltz23というコンテンツで紹介したお店でよくおススメされたプファルツ地方のワイン農家、『Knipser』の赤ワイン。2003年のシュペートブグンダー種。
樽の香りが強く、独特の味わいが鮮烈で、ワイン雑誌の記者さんたちに言わせると『今年飲むより、今買って寝かせておきたくなる、将来性を感じるワイン。』
Knipserのスタンドのまわりには常に人が集まり、私が試飲するそばから『Knipserのワインは何を飲んでもはずれはないのさ』と言う人もいました。この赤ワインは、スイスで赤ワインの賞を受賞しているそうです。
そして、同じくGoltz23で何度か買ったことがある
Messmerの赤。(カールシュタットなどでも売っています)同じくプファルツ地方のワイン農家。メルローという種類の2003年もの。
力強い口当たりで、脂身の強い魚や肉に合いそうな味。おいしぃぃ!

飲めないのに、何十種類もを一口ずつ試飲したため、足がふらふらになりましたが
一口ワインごとに水を半リットルほども飲んだのが良かったのか、
飲んだ日は頭痛がしたのですが、次の日(今日)は頭痛もだるさもありませんでした。

『なんでそんなにまでして飲みたいの?』と
言われてしまいますが、だって、飲む一瞬はとても美味しいのです。そして料理と合わせたときの味の変化を体験すると、おお〜〜すごいなあ〜と、やっぱり感動してしまうからなのです。。

お酒に強くなりたいなあ・・とおもいながら、口は満足しつつも
頭はもーろー、よろよろと会場を後にしたのでした。
(判断力が落ちていたので写真を撮るのを忘れました・・。。)
[PR]
# by berlinbau7 | 2006-09-04 19:43 | ドイツのこと

オモニの店

昨日は、韓国人の知り合いがオープンさせた、韓国&日本料理店にお食事に行ってみました。
『オモニ』の名前の通り、お母さんも厨房に入って家族経営のお店。
しかしインテリアはいかにもプレンツラウアーベルクっぽく、
アンティークのランプと、木製でシンプルなテーブルが並ぶ、しゃれた雰囲気。
食事は、彼の創作メニューがなんといっても一押し。
オクラを芯にして、まぐろでくるりと太巻きのように巻き、
周りをノリで巻いてぱりっと表面を焼いたマグロ・ロールは、
おおっ!というくらい美味しかったです。
d0086063_2056111.jpg

後は、ごまをつけて香ばしさを出したマグロのタタキも、後を引く美味しさ。
後はエビ天巻きもむっちりとしたエビがおいしかったこと!
マヨネーズを入れたり、とにかく味付けが濃いめにしてある寿司がベルリンでは多いですが
私はマヨも好きでないし、濃い味も苦手なので、これくらいがいい感じ。

おススメの白ワインを頼んでのんびり食べていたら、
イワシを酢で絞めて、ショウガをさっとすった物を上にのせた握りもサービスしてくれました。
どれも、素材の味をいかす工夫を凝らしていて、優しい味がしました。
セットメニューより、握りを色々頼むのが良いのかも。
盛り付けも、キレイです。
ビビンバも食べてみましたが、石焼ではなく、野菜をたっぷりのせた、冷たいビビンバ。
韓国のおふくろの味的なサイドメニューも、徐々に増やしていきたい・・・
お茶もいろんな種類を入れて、昼間は、お茶が楽しめるようなスペースにしたい・・
と、
色々試行錯誤があるようです。
でも、まだオープンしてから数日、これからどんどんメニューが増えて楽しめそう。
また、メニューが増えた頃に、遊びに行ってみたいと思います。

ちなみに、
住所は、Kopenhagener Str.14
Schoenhauser Allee駅から、徒歩5分〜10分くらいのところです。

昔住んでいたところにとても近いのですが、
そこに住んでいた頃は、このコペンハーゲナー・シュトラーセは暗くて、店など一件も見当たらないような道でした。
(友達は、『北斗の拳、に出てくる世界のような・・と表現していました。荒廃してるってことかな?』)
でも今や、アジアショップはあるし、けっこう美味しいカフェはあるし、
すっかり開発されてきた感じ。
オモニの店を中心に、栄えてくると面白いな〜と思いました。
[PR]
# by berlinbau7 | 2006-09-02 20:57 | 食卓のこと

ベタニエンのオープニングに行く。

昨日は久しぶりに、キュンストラーハウス、ベタニエンのオープニングに行く。
大きなホールには、工事現場の足組が組まれていて、そこに
8人のベルリンでZivildienst(兵役につく代わりに、一定の期間役務につくこと。病院とかでボランティアとして働いたりする)をしている若者が、グループとして動きを作っていく、
というパフォーマンスのようなものだ。それ自体が作品なのではなく、
それをショートフィルムに撮影しているのだが、そのフィルムと合わせて作品となるという。
d0086063_22235141.jpg

作家のAlthea Thaubergerはカナダ人。
他の作品も見たことがあったのだが、
そちらも、映像と、その映像を撮った過程もあわせてみせるというもの。
このパフォーマンスは、ぜひ映像のほうも見てみたい。
パフォーマンス?だけでは、なんだか面白い、とは思ったけれど、
なんだろう?な感じがぬけなかったからだ。
でも、なんだろう?と思う作品のほうが好きだけど。

その他、多くのアトリエがオープンアトリエをやっていた。
『生きろ』の作品を見たことがある日本人アーティストの鈴木貴博さんの
他の写真作品をみせていただいたり、
友達のオランダ人のアトリエを見たり。
アトリエが沢山ある、このベタニエン。
展覧会を見に来るだけより、アトリエが色々見られるとまた、独特の雰囲気があって良い。
いろんな国籍のアーティストがここに暮らし、ベルリンから何かをうけとって作品をつくろうとしている過程が見られる。
その、過程、に興味をそそられるからだ。

ごちゃごちゃのメモとか、ひろってきた石とか、ゴミとか・・。

昨日見た中で一番、おおおっ!と思ったのは、
その、友達のオランダ人アーティストのアトリエにあった冷蔵庫と流し。
冷蔵庫をあけると、ビールが10本と、
なぜか、かなづちと、キャンバス貼り用の釘が冷えていた。
・・・
そして、流しには、絵の具がつまって、しまりきらない蛇口から流れる水で、
なんだかきれいな色がたまっていた。
口々に、この冷蔵庫と流しがきれいだ、と、いろんな人が言う。
意図していないからこそ美しいのだろうか。でも彼の作品を前にしてちょっと・・?
気にしていないようだったけど。
[PR]
# by berlinbau7 | 2006-09-01 22:25 | 雑談

ドイツで楽しむハーブティー

自然派コスメの他、
最近よくプレゼントに使い、自分でも愛飲しているのが、ハーブティ。
もともとコーヒーよりお茶派なので色々買うのだけれど、
最近のお気に入りは、『Zitronen-verbenaレモン・バーベナ』というハーブのお茶。

ハーブティーを沢山そろえる店でお茶した時、
『これこれ!これが美味しいから飲みなよ』とドイツ人に勧められたのがきっかけ。
日本ではあまり耳にしない名前のハーブだけれど、ヨーロッパではけっこう人気があるらしい。
口の中がさっぱりする爽やかな味わいだけれど、ぴりぴりしないくて飲みやすい。
吐き気や消化不良に効果があり、脂肪の消化を助けたりするそうだ。
まさにドイツ料理にぴったり!
のハーブティーなのだ。
有機栽培のハーブを使ったハーブティーや、ハーブ錠剤などが充実している
ドイツの会社、サルス(Salus)の製品を買いました。
ここの製品では他に、ミントティー、風邪予防に良いビタミンCのお茶がお気に入り。
d0086063_19405330.jpg

その他よく飲んでいるのが、ベトナムの清熱茶。
これは、下にも書いている、グレゴリ青山さんが書いた『ふたたびの旅』というので
紹介されていて、美味しそうなお茶だな〜と思っていたら、
たまたまアジア食料品店で見つけていらい、ずっと飲んでいます。
甘茶のようなさわやかな甘味があり、血圧を整える効果があり。
ジュースとかの甘味より、口にべとべとしなくて、香ばしい香りも○。

他に、自分で蕎麦の実を煎って作った蕎麦茶もよく飲みます。
こちらはドイツ人にとても好評。
ちょっとコーヒーっぽい強い香りがあるからかな??
緑茶は苦い、といって、お砂糖を入れて飲むドイツ人もいるので、
(カフェで頼むと砂糖付きでサーブされる)
お茶はたいてい、玄米茶か、蕎麦茶、ルイボスティーを出します。。

はあ〜
しかし、
暖かいお茶が美味しい気候になってきてしまいました、ベルリン。
今日も最高気温は20度そこそこ。風が強くて寒いです。
[PR]
# by berlinbau7 | 2006-08-31 19:41 | ドイツのこと

自然派コスメはやっぱりドイツ産!

本の雑誌、『ダ・ヴィンチ』を楽しみに読んでいる。
毎月ベルリンで手に入れている方から貸して頂くのだが、
なんといっても一番の楽しみは、山岸凉子先生のバレエ漫画『テレプシコーラ』。
それから、コミックエッセーがのっている別冊、『別ダ』もかわいい。
グレゴリ青山の京都の話、旅話が特に好き。読むと、一時帰国したら絶対京都いくぞ〜!
と妙に燃えてしまうのだ。

さて、
今月号の別ダには、『アンチエイジングの鬼』 korridaさん、なる方のエッセーが載っていた。
乾燥バリバリ、排気ガスもたっぷり、冷え性にはつらい寒さ、
の街、ベルリンで、30才を迎えてしまった私にも気になるテーマ!!
というわけでブログも探して、じっくり読んだところ、
彼女のお勧めコスメは、ドイツの自然派化粧品が多かったのに感激。

『Dr.Hauschka』のローズクリーム
とか
『タウトロッフェン』のサンドロン(グミの実)オイル
とか
『マルティナ』のクレンジング
とか

ドイツの自然派化粧品は、ただハーブとかを使うだけではなく、大抵が厳しく栽培法までチェックして作られているし、作り方も、太陽をあてて、ゆっくりとエキスを抽出したり(タウトロップフェン)、とことん自然!!なコスメが多い。

私はかわいらしいコスメを見てうっとりするのは好きだけれど、
実際あまり自分のために買うことはない。
お金がないので、こちらではドラッグストア・コスメの『Weleda』、白樺のオイルを使うくらい。

でも、お土産とか、日本の友達にプレゼントする時によく買うのが、
『Dr.Hauschka』の旅行用キット。
d0086063_736264.jpg

これはボディ用で、いろんなオイルとかクリームとかがちょっとずつ入っていて、
敏感肌の人だったら、肌に合うかどうか試したりするようにもできます。

銀色の缶に入っているところもお気に入り。

冬になると、バスオイルセットとかも出てきます。
手に取るととろりとしたコクがあって、伸びが良くて、
お風呂に入れると体の芯からほぐれる気がします。。

秋を飛び越えて、冬?ってくらいの涼しさとなったベルリン。
バスオイルセットを友達に買おうと手に取って、改めて、寒さが身にしみてきました・・・。
[PR]
# by berlinbau7 | 2006-08-30 07:36 | ドイツのこと

チューリッヒでベルリンプライスの店を探す

楽しかったスイス。
しかし、スイスは高かった・・
ヨーロッパでも格安の物価を誇るベルリンから来ているから、
サンドイッチ1つ買うのにもこの値段!??と思ってついつい財布の紐が固くなる。
自炊できる環境にいたら絶対、3食手作り弁当をしていたと思う。
例えば、
ケバブの値段。
ベルリンだと大体2ユーロ〜2、5ユーロのところ(格安の場所なら1ユーロ)
スイスだと、8、5フラン。5〜6ユーロ!
その調子でレストランも高いから、最初はカフェに入るのもメニューで値段を見てから、
怯えるように残金を考えながら注文した。

街の人たちもこぎれいではあるが、何より、道往く車がすごい。ぴっかぴかのベントレーとか、ブガッティ、ロールスロイス、フェラーリ、ランボルギーニ、リムジン・・ありとあらゆる高級車をみかけた。
ベルリンはせいぜい珍しい車っていったってトラビだし。

でも稼ぐお金も高いのでスイスに暮らす人にとってはあまり問題がないのだろうけれど
それにしたって、貧乏人がいないわけはない!!
1つの都市の中には常に金持ちから貧乏人までがいるはずだ!
と、
街の地図を見ながら、ある程度の値段で食べられるような地区を探す。
チューリッヒの中でも、高級ブランドの店が軒を並べるような場所、バーンホフ通り周辺や、
ニーダードルフ通りでご飯を食べたら、高いのはあたりまえだ。
では、どこに安そうな地区があるか?
ホテルの裏手に、大好きなデザイン美術館Museum fuer Gestaltung Zuerichがあり
周辺にいくつかギャラリーがあった。
観光局が年に2回発行しているガイドに、ギャラリー街からちょっと行ったLimmatplatzは
インターナショナルで面白い、というようなことが書いてある。
『インターナショナル』
→『ベルリンで言えばクロイツベルクのような、マルチカルチャーな感じ?』
→『安めで、面白い料理が食べられそう』
という連想が頭の中で働き、その周辺まで散歩がてらブラブラでかけた。

おおっ、道ばたに落書きが。道路にゴミが。ボロボロの自転車で走っている人が・・
ここぞベルリン人が落ち着くところ(?!)
雰囲気のよいイタリアンレストランや、インド料理屋なんかが並ぶ。
しかも、とっても心地よくにぎわっている。
マニアックな日本映画を上映している映画館、バーがある。

すっかり気に入って、4日の滞在中、3晩はここに通っていろんな店を試した。
ちなみに、お気に入りになったのは
ベジタリアンレストラン、『Samses』だ。
まるで学食のようなラフな雰囲気の中に、30種類はありそうなビュッフェがずらり。
d0086063_17542985.jpg

2日通ったときもちゃんと違うものが並んでいた。それを皿に取り放題して、100gで3、5フラン。安い!
とかく旅先では野菜が不足しがち。
私は、チコリのカレーマリネや、フェンフェルのゴルゴンゾーラチーズ和え、
茄子の夏野菜詰めなど、もりもり食べたらとっても元気がわいてきた。
チューリッヒの一押しレストラン!
d0086063_1755192.jpg

ちなみに、コーヒーもちゃんとふんわり密度の高い泡で、豆も苦みがきいているけど酸味が無い美味しいコーヒー。
サービスもフレンドリー。
テイクアウトもできるみたいです。
次に来る機会があれば、また
いろんな店を探してみたいと思います!
[PR]
# by berlinbau7 | 2006-08-29 17:55 | ベルリンのそと

一寸先は白い闇

下の写真では晴れそのものの風景ですが、
ものすごい突風が吹いていて、一瞬たつと真っ白の闇の中に包まれてしまいました。
そして、また十数分たつと、雲が晴れ、また青空が見えて・・
雲が消える瞬間をみました。
写真は、白いもやもやの中に浮かびあがる、顔を入れて写真を撮る看板です。
リギ山の山頂には、3種類もありました。
もやに包まれたこの状態になってしまうと、もう、道が見えません。
道には牛の糞(スイス人曰く、Schweizer Waffe、スイスの武器!)が落ちているので、よーく目を凝らして歩きました。
d0086063_17525448.jpg

[PR]
# by berlinbau7 | 2006-08-29 17:53 | ベルリンのそと

シャーロック・ホームズ最後の事件

なんでスイスでシャーロック・ホームズ?

金曜日、仕事で新開発の電気カーのツアーに同行。
どこまでも晴れた空の下、スイスの首都ベルンから、インターラーケン(inter laken という名前の通り、トゥーン湖とブリエンツ湖、2つの美しい湖の間にある街。)、トゥーン湖からプリエンツ湖沿いに走り、ルツェルンまで、歯車式の登山電車が走っているという、マイリンゲンという街で
ツアーにお別れをしました。
そのマイリンゲンという街に入ったところ、『シャーロック・ホームズ』の名前を多く見かけます。スイスでなんでホームズ?と思ったところ、なんと、シャーロック・ホームズが、宿敵モリアティー教授から突き落とされ、死んだと思われた『ホームズ・最後の事件』の舞台になった滝がある場所だったのです。ホームズの部屋を再現した美術館もあるとか。
ホームズってイギリスオンリーだと思っていましたが、スイスにも出没していたんですね。
小学生の時、分厚くて難しい漢字が多いホームズの本を読んだのですが、挿絵がとっても気持ち悪かったことだけを鮮明に覚えているのに、内容はまったく覚えていませんでした・・。
ちなみに、この滝はライヘンバッハの滝といって、すごく高低差があり、
夏で水量が少なくなってはいましたが、その白い滝筋が遠目にもはっきりと見て取れました。ライヘンバッハの滝へと続く滝鉄道の公式サイトでは
ごごぉぉぉ
と滝の音も聞けます!(日本語有)

マイリンゲンから、ルツェルンに抜けるzentralbahnに乗車。最初の行程では高い山を、歯車を使った線路でぐいぐい登って行きます。あっという間にかなりの高さになり、目の前に、ハイジの世界そのものの広い緑、山並みにぽつりぽつりと見える山小屋やホテル、湖が現れました!

次に来る時は、ちゃんとある程度登山装備をして、ハイキングをしたい!
窓を全開にして、冷たい澄んだ空気を吸い込みながら、食べたおやつのリンゴのおいしかったこと!
思わずハイジの歌を歌ってしまいました♪
~Heidi Heidi deine Welt sind die Berge ~♪ (ドイツ語版)
日本語の方だと ♪くちぶえは な・ぜ とおくまで きこえるの ♪おしえて〜おじいぃさん〜♪
ですね。
d0086063_17534521.jpg

[PR]
# by berlinbau7 | 2006-08-29 17:53 | ベルリンのそと

リギ山にのぼる

日お休みがあったので、リギ山という山にも、登山電車とモノレールを使って登山?してきました。
本当は、高山植物をみたりしてハイキングをしたかったのですが、残念ながらその日は天気があまりよくなく、途中で雷がなり、雨に。しかし、てっぺんに到着したところ、ぱあっと雲の間に晴れ間が広がり、目の前はまさに『ハイジの世界』!
風が強く、晴れたと思うと雲、雨が降っては晴れ、雲、霧・・というすごい天気に。

雲が沢山でていたので、山のてっぺんが雲に覆われている部分と、
鋭い山の斜面が、雲を突き破って出ている部分が交互して、幻想的なこお!
そして、なによりすごい体験だったのは、すごい風が吹いて来て、雲が、目の前に現れ、
その雲が私を包み込み、吹き飛んでいったこと。
白い塊が目の前でぶわっと広がり、その後は真っ白い闇?。
ちょっとしめっぽいようなほこりっぽいような匂いの中、ぼんやりとすべてが平面になってしまったので、
一歩も動けず、ただ立ち尽くしていました。

そして、遠くの方から、カウベルをつけている牛がもくもくと草を食み、
カランカランという音が聞こえるのです。

まさに『魔』。

魔の山、と呼ばれたのは、隣にあるピラトゥス山のほうだったそうですけれど。
d0086063_17513145.jpg

[PR]
# by berlinbau7 | 2006-08-29 17:47 | ベルリンのそと