<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ああ、ベルリン中央駅

金曜日に、家のガスボイラーが壊れてしまい、
ずっと家に居られない状態です・・。
旧東独の、VEBの製品。もちろんもう替えの部品はないので
全部取り外して直さねばなりません。

不動産屋の対応が遅く、イライラさせられる事ばかり。
一週間近くもお湯が出ない状態なのに、
電話をして急かしても『明日、明日』と1日延ばしになるのです。

一昨日くらいから、ベルリンもやっと冬らしくなってきて
氷点下の日が続いています。
夏なら、水のシャワーでなんとかなっても、氷点下でそれはちょっと・・・。

不動産関係で何度か、もめ事があったので、
私は、こちらで、賃貸人保護団体に加入しています。
月に数ユーロだかのお金で、
弁護士さんなど、賃貸、不動産に関する法律に詳しい人からの無料相談などが受けられるのですが
まだ本格的に利用したことはありません。
来週まで食い込むようならば、相談に行こうと考えているところです。



さて、
ベルリン、ドイツ、ヨーロッパ全体を襲ったハリケーン。
ベルリンで一番の被害は、やはり中央駅でしょう。
中央駅の外側にある鉄骨の一部が、風で落ちてしまったのですが、
これを発端として、
『中央駅の鉄骨の梁のほとんどが、溶接されておらず、強風に耐えられない』作りであることが
ばれてしまったのです!!!!

昨年からずっと、
設計した建築家と、ドイツ鉄道との間で、
建築家側の設計を無視して、勝手に安いランプを設置した、
やら、
吹き抜けになる予定だった部分に、勝手に天井を設置した、
やら、
いろんなもめ事が起こっていた中央駅。

そのうえ、
溶接していない鉄骨があるとわかったため、
何日も、中央駅は封鎖状態に!!!
他都市からの遠距離便は、シュパンダウ駅や、ズードクロイツ駅など
他の駅に停車を余儀なくされていました・・

現在、突貫工事で溶接作業が進められています。

これは手抜き工事というより、
誰かが、危険度のチェックなどをした時に、計算違いをしたか考え違いをしたか
………
この『誰か』が大問題。
ターゲスシュピーゲル紙では、
内部から、『この危険性について指摘はあったけれど結局こういう結果になった』
という情報を入手していると発表、
ドイツ鉄道がコレに対して異議を申し立てるなど
さっそくもめ事が起こっています。
d0086063_141958.jpg

何にしろ、
ドイツ鉄道、は遅れたり、止まったり、普段は停まる駅は停まらなかったり・・・
やっぱり、
安いからといって、飛行機ばっかり使っては
環境に悪いかな・・と思っていましたが、
こんな状態では、ドイツ鉄道を使うと、アポイントに遅れたり
乗り換えに間に合わなかったり、
第一、遠くの駅まで行かねばならなかったり、面倒な事ばかり。

どんどんお客は離れてしまうでしょう。

その上、
中央駅は、計画よりも大幅に料金がかかっていた事が発覚。
チケット値上げももう考えられているとか。

ドイツ鉄道、
やっぱり
相当体制を考え直さねばならない状況に来ているのではないでしょうか。

しかし、やっぱり、
ドイツ鉄道にしろ、不動産屋さんにしろ、対応が悪い〜〜!そして、遅い!
もっとサクサクッと仕事してほしいですね。
そして、
自分が悪いと思ったら、びしっと謝って欲しいものです!
[PR]
by berlinbau7 | 2007-01-24 14:19 | ベルリンのこと

Oh, du lieber Augstin

d0086063_1615716.jpg


ちょっと遠くのレンタルビデオ屋さんに
何百本もの日本映画DVDがあると聞いて、行ってきました。
周りの友達も見たいといっていた2本を借りて
友達皆で見る事に。
『薔薇の葬列』
『逆噴射家族』

2本立てです。

『薔薇の葬列』は、あの『時計仕掛けのオレンジ』にも影響を与えたと言われる名作。
ピーターのデビュー作でもあり、美女っぷりが楽しめます。
実験的な映像が面白いです。
特に、
テーマソングのように何度も繰り返し使われる音楽が
ドイツ語の(オーストリア発祥の唄らしいです)
『Oh, du lieber Augstin』だったので
ドイツ人たちに『この音楽は日本でも歌われるのか?』と質問ぜめに・・。
知りません〜〜。
アウグスティンさんはペストの大流行時に亡くなった人で
ドイツ語の歌詞にもペストが盛り込まれています・・。


『逆噴射家族』は世界中で大絶賛されたという過激な家族コメディー。
ドイツでもすごくヒットしたそうです。

そして、
DVDを見ながら、スナックを食べつつ・・ということで用意したのが
写真の一品。

スイスのみちえさんのレシピ、
ハムのパン生地包み焼きです。

豚の形ではなく、猪の形にして、お年賀風にしてみました。

d0086063_16152858.jpg


ドイツ人が『ハラキリ、ハラキリ』と受けていました↑
[PR]
by berlinbau7 | 2007-01-19 16:16 | 映画、だいたいドイツ

クリスマスツリーの片付け方

d0086063_2058303.jpg

ヤギに食わせる・・。

あれっ、こんな方法も?

・・自転車でぶらぶらでかけた公園の裏に、
子ども用ミニ牧場を発見。
牛とか、豚とか、羊とか、ヤギとか。
豚は、今年の年賀状(遅いですね・・)にしようかと思ったのですが
巨大だわ、デブデブだわ、臭いわで、
やめました。
かわいかったのがヤギ。
なぜか、囲いの中にクリスマスツリーがいくつか放り込まれていて、
ヤギたちはもぐもぐ、葉っぱを食べていました。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-01-15 20:58 | ベルリンのこと

Galette des Rois とマラリア蚊

やっと一息つきました。
d0086063_17244158.jpg


年末から家にこもってお仕事状態だったのが
昨晩一段落。。
のんびり寝過ごしたかったのですが・・
早朝5時、
嵐の音と、遠くから響く雷の音で目が覚めました。
夏の夕立みたいな音です!!

最近ベルリンは異常気象。
昨年末にちらりと初雪は降ったものの、
近所では桜が咲き乱れ(!!!)
スズランが目を出す、最高気温14度!
昨年1月にはマイナス15度だったというのに、
信じられません。

そして、このあまりの暖冬で
普段なら、ドイツで冬越しできない、『マラリア蚊』や
危険な『ダニ』、
スズメバチの大量発生などが、今から危険視されているそう。

マラリアって、
熱帯でしか発生しないんだと思ってたのですが
イタリアの一部までは、病気を媒介する蚊が来る事はあるんだそうです。
それが、
今年の暖冬で、イタリアから国境を越え、ミュンヘン辺りまでは来るのでは
と予想されているとか・・

ドイツでマラリア〜〜!嘘みたいな話です。
(もちろん、まだ起こっていない事なんですが)

スズメバチ(Wespe)は
暖かくなってくると、カフェのテラスで
りんごジュースを飲んでいたりするだけでも
カップにたかって来たり、なんだかけっこう怖いんですよね。
ドイツ人は
無視していれば刺されない、と言いますが・・。

知り合いの話では、ビール瓶の中に入り込んでいたのに気づかず
一緒に飲み込んでしまい、喉を刺されて、気管が腫れ、窒息死してしまった
人もいるとか・・。

うーん、まだ夏ではないのに怖いです。

写真は、
1月6日、Tag der drei heiligen Koenigenを
ガレット・デ・ロワでお祝いした時の写真です。
d0086063_17241692.jpg

フランス語圏のカナダ人の友達が、
『なんとしても祝う!』と言うので、
フランス人パティシェのお店に行って、焼き上げてもらいました。
いつもはギャラリー・ラファイエットで買って
たいして美味しいケーキでもないな、と思っていたのですが

美味しいケーキ屋さんのはやはり美味しかったです・・
1名分、3ユーロだったかな??

ちなみに、王様になったのは、昨年も王様になった友達。
女王様となって、冠をかぶって楽しそうでした。
しかし、『女王様』の話から、イギリスのクイーンの話になり
そこからなぜか、日本の天皇制の話に(結局女性が天皇になれるのか、ということですね)
・・
新年そうそう難しいドイツ語で、自分もまだよく分かっていない話を説明するはめになってしまったのでした・・。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-01-12 17:23 | ドイツのこと

大火事ジルベスター

d0086063_2057436.jpg

みなさま
明けましておめでとうございます!
2007年がやってきました!
ベルリン〜というかドイツ、は
クリスマスは日本のお正月のようで、家族の元に帰郷する人が多く
パーティなども静かに祝われますが、
大晦日は、うってかわって、とにかく騒がしい!

大晦日の2週間前ほどから、ロケット花火の販売が解禁となり、
大晦日から元旦になる、午前0時には、
戦争か?というほどの
もうもうと立ちこめるロケット花火の煙、爆音が響き渡り、
毎年多くのけが人や火事騒ぎ。

今年は、例年になく暖かかったからか、昨年に比べて火事が多かったそうです。
ちなみに、新聞によれば、火事は、605件!
昨年は245件だったそうですから、今年は特にひどかったようです。
ベルリン市長のボーヴェライトさんも、自宅アパートの屋根に
ロケット花火がぶつかり、軽いボヤ騒ぎに巻き込まれたようです。
毎年、ロケット花火の暴発
(というか、こちらの人は気軽にロケット花火を手に持って
発射したりしてて危ない!!)で、指を失う人がいるそうですが、
今年は花火での怪我は31名。

私は、友達の家で10名程で集まり、パーティをしたのですが
0時、外に出て、街が真っ赤に染まる様子を見物。
あまりにもうもうと煙が立っていたので、写真を撮ろうとしても、
カメラが、煙幕の中でオートフォーカスを作動できず、全てピンぼけ。

テレビ塔や赤の市庁舎の周りではもちろん、打ち上げ花火が何発もあげられ
ワールドカップ開催の時に盛り上がった、
ファンマイルでは、
なんと世界中から100万人もの入場者を集め、
午後8時にはもう入場制限となる、一大パーティが行われたそうです。
d0086063_20573476.jpg

私は、
そこまで大さわぎではありませんでしたが、
シャンペンをあけて、
大晦日恒例の、
『ブライギーセン』と呼ばれる、
鉛をスプーンに乗せてロウソクの灯で溶かし
よく溶けたところをじゅっと、冷たい水の中に落とし、
固まった形で来年を占う遊び

年越し蕎麦(これは私と日本人の友達が担当しました)

わいわい楽しく、朝までお祝いをしました。
d0086063_2058381.jpg

元旦は恒例?の、適当おせちを食べ、
本日はドイツは、通常業務。仕事始めです。

では、今年もよろしくお願いいたします!
[PR]
by berlinbau7 | 2007-01-02 20:59 | ベルリンのこと