<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ベルリンマラソン前日!

こんにちわ。
毎日自分のブログも見られないほど忙しくしておりました。
暖かいコメント、色々ありがとうございます。
風邪も、色々なハーブエキスや、お茶、薬でよくなりつつありますが
喉はいがらっぽく、昨日は熱も出ました。。
まだまだ完治の予感を見せません。
しつこい〜!!

さて、昨日、外から家へ帰って来たところ、家に帰るためにどうしても
渡らなければいけない道が、閉鎖され、スケーターたちが次から次へと走ってきて
じっと道でまって居なければなりませんでした。
最初は、デモかな?と思ったけれど、声援を送るファンが多いし?と思っていたら、
d0086063_16212353.jpg

そう、今日はベルリンマラソン!
そして、昨日は、スケーターの人たちがほぼ同じコースを走る、マラソンがあったのです!
今年のベルリンマラソンには日本から4名の参加があるようですね。
がんばれ〜〜!
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-24 16:22 | ベルリンのこと

ドイツで風邪をひいたら・・

ヴォーヴェライト、勝ちました!
ベルリンでは緑の党がかなり票をのばしたそうです。
周りの人も、緑の党に入れた、と言っていた人が多かったです。
彼はあと5年、ベルリン市長をつとめます。

さてさて、私は、現在風邪ひき中。
忙しくなってくると、すぐ風邪気味、になるのですが
風邪には特効薬がないので、ふだんは、『気合い』で直しています。

『今、風邪をひいたら困る!』
『困るぞ〜』と自分(の体)に言いながら
ビタミンCをたっぷり取って、ヤクルトみたいな体の抵抗力を高めるドリンク、
ハーブティーを飲みます。

しかし
今回は、風邪をひいたら困る!と言い聞かせたにも関わらず、
風邪はいっこうに直る様子がありません・・。
関節痛がきて、その後、せき、喉の痛み、今日は鼻水が・・

風邪をひいて、のどが変になると、
もともと、ただでさえ外国人で発音が時々変なうえに、
発音の妙なところに力が入り、
声が裏返ってしまったりして、普通なら通じるところが通じなかったり。
・・声がかすれるので、しっかり話さなくてはと大声にしすぎて
うるさいと言われたり・・(汗)

のど飴は色々ありますが、
スイス製のリコラ・キャンディー
(ベルリンフィルに先日行った時、ガードローブに置いてありました。
咳が出て、コンサートの邪魔にならないようにでしょうか?美味しいです。)
伝統的なライプチヒのレシピで、いまだに作っているという
クリューゲロール。
d0086063_0412437.jpg

復刻版のデザイン缶がかわいくてみかける度に買ってしまうんですが、
味はふつう〜

などを良くなめています。

喉が痛くてどうにもならなくなったら、
薬局で売っている、ブーツののど飴(薬)と、それに、エヒナチンというハーブエキス。
d0086063_043359.jpg

Purpursonnenhutkraut という花をフレッシュで、まだ咲いているうちに
絞りました、とラベルには書いてあります。
なま絞り?
美味しそうですが、
苦いです。
Purpursonnenhutkraut は、オオハンゴンソウ(大反魂草!すごい字を書きます!)
の一種らしいです。
これは抵抗力を高めるもので、風邪のひきはじめにちょびちょび飲むのですが
アルコール度22%!
今日、なんども飲んでいたら、急に恐ろしい眠気が襲って来て
昼寝してしまいました・・。いや、お酒弱いんですよ・・。

明日はフランクフルトに行って参ります。

ではでは、日本の皆様も、ドイツの皆様も
風邪にはお気をつけて! 
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-20 00:42 | ドイツのこと

今日はベルリンで選挙です! ヴォーヴェライトのチラシ

9月17日日曜日、今日はベルリンの選挙がある日です。
これから5年間、市長は誰になるのか?
以前、ゲイパレードのところでもちょっと書いた、クラウス・ヴォーヴェライトさんは、続けて市長になれるのか?
など、気になるところです。

土曜日、レストランのテラス席でご飯を食べていたら、クラウス・ヴォーヴェライトさん所属の政党、SPDの若い応援団?がやってきました。ビラ配りです。
その人たちがくれた、折り紙型のチラシがすごく面白かったのでご紹介を。
d0086063_7282623.jpg

まずもらった時は、こんな風になっています。
『ヴォーヴィー(ヴォーヴェライトの愛称)を、かまわず、折り畳んで下さい。
彼は、紙でできているわけではありません。』
紙でできているわけではない、というのは、『相当なやつだ、たいしたやつだ』
みたいな意味があるので、チラシは紙製ですから、意味をひっかけているわけです。
で、そのチラシが真ん中から開くと・・まじめ顔のヴォーヴィーが。
d0086063_7284891.jpg


それをさらに真ん中から折ると、おどけ顔に。
d0086063_729961.jpg


最後はニッコリ笑顔で、『妥協の無いベルリンを』というSPDのスローガンが現れます。
d0086063_7294537.jpg


私は選挙権は無いのですが・・
ぱたぱたこのチラシを折ってると、なんだかまた、ヴォーヴィーに市長をやってもらいたい気分になってまいりました。。。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-17 07:31 | ベルリンのこと

ドイツのナンバープレート

下の記事に頂いた樅の木さんのコメントにお返事を書いていて思ったのですが、
ドイツのナンバープレートもけっこう面白いですね。

最初のアルファベットは、その街のものが付くようになっています。
例えば、
ベルリンだったら、B。もちろん同じ頭文字の街も多いので、その場合は、一番規模の大きな都市が頭文字1文字をもらい、後は、2文字、3文字とかで表されます。
唯一の例外は、デュッセルドルフとドレスデン。
本当は、ドレスデンの方が規模的には大きいそうなんですが、このナンバープレートが制定された時、まだドレスデンは旧東独側だったので、デュッセルドルフが、頭文字D、となり、
統一後も混乱を防ぐため?に、そのままになったそうです。ちなみに、ドレスデンはDDです。

ハンブルクは、ハンザ都市ハンブルクなので、HH。

ベルリンでは、OHV、PM、Pなどもよく見かけます。
OHVは、Oは、オランニエンブルクの頭文字だとは思いましたが、後は???
調べてみたらLandkreis Oberhavel in Oranienburg だそうです。
Pはポツダム。PMはPotsdam-Mittelmark 
なるほど・・。

ウィキペディアに、ドイツのナンバープレートのリスト(List der Kfz-Kennzeichen)があったのでこれで見たのですが、けっこう面白いです。

車に興味は無いのですが、ナンバープレートを見て、変わった語呂合わせにしている人がいると、
どんな人が乗っているのかな〜と興味がわきます。
ベルリンにあるBMWの多くのプレートが『BMW』だったりします。
でも、以前、ボロボロのVWゴルフに『BMW』のナンバープレートがついていてウケました。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-15 14:47 | ドイツのこと

ドイツの名前

面白い名前の人と知り合いになる。
『シャーデ』さん。
残念、気の毒、もったいない・・あらら、というような名前だが
本人は至ってポジティブ。
子どもの時からかわれたりしたかしらん、とよけいなことを考える。

他に知り合いでは、『ペヒ』さん、もいる。
不幸とか、そういうような意味だけれど、私が名前を聞き返したら
『ペヒ、幸運、のペヒ、よ!』と明るく言った。

『ヴーット』怒り、さんも居る。
彼はその名の通り、太い恐ろしげな声で怖い。しかもいつも仏頂面。
名は体を表す、の通り。

マウワー(壁師)、メツカー(肉屋)、マイヤー(小作人)、シューマッハー(靴屋)、フィッシャー(漁師)とか、職業の名前が多いように思いますが、どうなんでしょう。
スイスに行った時、ドイツ語だとシュナイダー(仕立て屋)が、なまってシュニーダーという名前になっているようだったのが面白かったです。スイス語?には『 i 』で終わる言葉が多いようです。


シュタイン(石)さんは石田さん、
ブルーメ(花)さんは花田さんとか
かってに頭の中で日本語変換して楽しんでいます。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-14 19:10 | ドイツのこと

サシャ・ヴァルツと託児所

昨日、
先週末に新しくオープンした、ラディアルシステム、という
スペースで行われる、サシャ・ヴァルツの『ダイアローグ06』を見に行った。
ダイアローグ04』は、コンテンツにもアップしているけれど、
パラスト・デア・レパブリックを舞台にしたもので、こちらもすごくよかったけれど、
今回も、その新しくオープンした場所(旧ポンプ工場)のビルを丸ごと舞台に。
川岸に立っているビルの立地をも生かし、
川の向こう岸にも楽器演奏者を送り、
その音に、皆が、川の方を見ているとボートに乗ったダンサーが現れるという
もう、場所を100%使い切ったものだった。
d0086063_14121560.jpg

作品に関してはコンテンツにまとめたいと思っているのでココまで。

その会場となったラディアルシステムは
サシャ・ヴァルツが関わって作った、音楽と演劇、ダンス、アートのプラットフォーム、
を目指す。
他に何の公演があるんだろ?とプログラムを見ていたら
公演スケジュールの横に、小さくぽちっと
K、
マークがついている公演がある。1ヶ月に1、2回でてくる。
なんだろう?と思ったら、
託児システムがある公演の日でした。

ベルリンでは、今一線で働いているような、40代〜30代後半くらいの女の人、
特にアーティストとかデザイナーさんとか、その辺りの人が子どもをもってたり、
妊娠していたり、という人がとても多い。
子どもが小さいとなかなか行きづらい
こういった公演に行けるように考えたのでしょう。

サシャ・ヴァルツは本人も2人の小さな子どもを抱えるお母さん。
さすが、気がつくなあと
感心してしまった。

昨日も小さな子が3人くらいビルの中をうろうろしていて、
とってもかわいかった。
じっと、一生懸命、踊っている人や、古代の楽器を演奏している人なんかを見つめている。
この子たちも、数年したら、ベルリンで新しいアートを産み出す人になるかもしれないねえ
と思ったり。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-13 14:09 | ベルリンのこと

MUJIでおっかいもの♪

先週木曜日から、ベルリンにもついに、『MUJI』がオープンしました!
ヨーロッパでも人気の無印良品です。今までは、デュッセルドルフとミュンヘンにあるんですが
なぜかベルリンには無かったんですよね。
といっても限定オープンで10月末くらいまでしかやっていません。
場所は、フリードリッヒシュトラーセの、高級デパートが並ぶあたりにあるドイツ銀行の中。
ここは、銀行なのに、中にカフェとかあって、中に2ヶ月ごとくらい置きに違う店が入るという
コンセプトでやっている、変わった銀行です。
普通の銀行より広くて、すぐサービスしてもらえるので、よく使っていますが、
何か相談があって、銀行員と話をする時に通される部屋がこれまたすごい!
デザイナーズ椅子とか並んでいて、普通にしているとガラス張りの部屋は、
『密談』をするときはボタン1つで、ぱっと不透明になるんです!
・・・
先日、銀行に行った時、嬉しそうに銀行員さんが、これをやってみせてくれました・・。

無料で使えるキレイなトイレがあるのも嬉しいです(笑)

さて、無印良品、オープニングも覗いたのですが、昨日は本格的にお買い物、に行ってきました。
あまりいろんな種類はないうえ、もちろん、日本では考えられない値段で売っていますが、むちゃくちゃ高価でもありません。店には、人気の文房具シリーズと、タオル、Tシャツの他、食器も少し揃っていました。
d0086063_17414185.jpg

無印良品の白磁のシリーズは、雑誌で見て、欲しいな〜と思っていたので、入念にチェック。
値札のところが日本語で貼ってある上に、ユーロ値段をかぶせてあったので、おもわず日本円をチェック。
うーん、やっぱり割高ですが・・・

さんざん迷ったあげく、
ドイツであまり見つからない、修正ペン(こっちはローラーで修正するタイプのものが多い)
と、薄くて安くてシンプルな透明ファイルを買いました。

壁掛けCDプレーヤーも、こっちでデザイン賞も受賞しているし、
かっこいいなあ〜と思ってつくづく眺めたのですが、120ユーロ、さすがに衝動買いするお値段ではありませんでした。
深澤直人さんのデザインは、考え抜かれた美しさ・・。
こういうのが似合う家に住みたい・・。

でも、私が一番好きな、無印良品の昔菓子とか、そういうものはありません。
駄菓子っぽいのが多くて、好きなんですよね〜。

しかし、もともと、『無印』であることを良しとしたブランドが、
ヨーロッパでステイタスになっているのはなんだか不思議です。
写真は携帯電話で撮影してみました。
d0086063_17423223.jpg

[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-12 17:43 | ベルリンのこと

赤い布

昨日、友人と、ある有名人の話になりました。
その人のことをとても嫌いだという彼は、話の最初から、怒り狂っている。
『まあまあ、そんなに怒らなくっても。知り合いじゃないんだし』
となだめると、
『あいつの話は私にとって赤い布だな!』と吐き捨てるように言った。
赤い布?

どうやら、闘牛士のもっているアレのことらしい。
赤い布、つまり牛の闘志をかき立てるもの
→その話をすると癇に障るような話題とか人とか
をさすらしいのだ。
良く使う言い回しだから覚えておきなさいと言われる。
ありちゅんさんのブログで、色が話題になった時、この『赤い布』は出てたかな?
と思って調べようと思ったら、なぜかもう見られませんでした。がくし。
d0086063_23515192.jpg

写真は、知り合いが制作を担当したダンス『DELIRIO』に
主演していた真っ赤なドレスに真っ赤な下着の美しい女性。
う〜ん、個人的には、ダンスというより、パントマイムっぽい感じがしたのが気になって
作り出されている世界にあまり入っていけませんでしたが
空間がとても素晴らしかったです。
展覧会のアフターパーティや、アーティストのライブなんかが行われている場所。
ぼろぼろ具合が絶妙です。

私はコンピュータの前に座りっぱなしで目がうさぎちゃん(赤目)になっています。
ありちゅんさんから、後ほど、
『赤』について話題になったページを送っていただきました!ありがとうございます〜!
ご興味あるかたはぜひ!
色に関係する言葉 ~ その2 ROT
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-09 23:53 | ドイツのこと

カイザーはカイザーシュニットで出てきました

新聞を見たら面白い見出しを見つけました。
『Der Kaiser kam per Kaiserschnitt』(天皇は帝王切開で出て来た)
ドイツ語だと、天皇、も、帝王切開の帝王、も Kaiserと書くのでできた語呂合わせ?です。
ドイツの新聞ではずっと雅子さまの鬱病とかも報道していたので、
どちらかというと、雅子さまよりの意見のような気がしたけれど、日本だとどういう論調なのでしょう。
以前、ドイツ語の医療語の話で、帝王切開、の話はでましたけれど、
新聞に、その語源が載っていたのでご紹介。
帝王ユリウス・シーザー(カエサル)がこの世に生まれでた時、
母の腹を切開して出て来た、という伝説によるもの。
彼の名前カエサル、は、皇帝『カイザー』の語源になった。
ここから『カエサルの切開』→『カイザーシュニット(帝王切開)』と変化したと言われる。

...そうです。
へえ〜。

医療用語をドイツ語で今、色々調べています。。む、むずかしい・・。

追記です。
ラテン語の「切る」という単語と「シーザー」が似ていたのでごっちゃになって「シーザーが帝王切開で生まれた」と言うことになった、
というお話を、ドイツトップニュースの伊東さんから情報をご提供いただきました。
確かに、新聞にも、この時代に、帝王切開しても母が生き残れるような技術があったとは思えず、母が子どもを産み落とす時に死んでしまった場合、母体を切開して子どもを助ける、
というような例はあったようだが、
シーザーの母は長生きをしていることから、これも考えられないので、シーザーが帝王切開で生まれたというのは、本当ではないだろう、と説明書きが添えられていました。
確かに、帝王切開というのは技術がないとなかなか出来ないことですよね。出血もひどいそうですし・・最近出産した友達は帝王切開をしたそうですが、やはり大変だったと言っていました。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-08 15:30 | ドイツのこと

Sony Ericssonの携帯を買いました。

新しい携帯を買いました。
厳密にいうと買ったわけではなく、契約を延長したので『顧客サービス』で新しい携帯に乗り換えたのです。
今までの携帯も気に入っていたのですが、最近調子が悪かったので
契約更新して新しい携帯にしようっと、と思ってショップに足を運びました。
まるっこい形や、折り畳むタイプのが苦手なので、シンプルなSony Ericssonの物が
いつも気に入っています。
Nokiaも好きだったのですが、今、店頭に並んでいるNokiaは『デザイナーズ』で
金色の花柄だったり、皮が貼ってあったり。う〜む。
一番気に入った携帯を手に取ると、店の人が『おおっ、お目が高いっ。それは今一番良いのですよ』・・って今一番高いのでしょ。最新型、ソニーのサイバーショットのカメラがついている携帯は、契約更新のサービスを合わせても140ユーロ近く追加で払わねばならない高価な物。
しかし、カメラは3.2メガピクセルとかでかなり良いらしい。
コレを持ってれば、いちいちカメラを持ち歩かないですむかな?
第一シンプルでデザインもかっこいいしな〜
とさんざん迷ったのですが、友人のカメラマンたちが
『結局携帯のカメラはどこまでいっても普通のカメラには太刀打ちできないよ』
と言うので(当たり前?)
安いものにしました。
d0086063_1634148.jpg

K610iというものです。
これにも2メガピクセルのカメラがついているのですが、
d0086063_1635819.jpg

その画質はご覧の通り。
d0086063_1631768.jpg

(家のハーブのプランターを撮影してみました)
ブログの写真だったら良いですが、サイトの写真にはちょっと使えないかも。
ゲームや、ビデオや写真の編集機能やら色々付いているんですが、1日で飽きました。
でも、写真を撮ったら、すぐ、Bluetoothで、コンピュータに写真をダウンロードできるのが便利です。

ま、それだけですが。

携帯なんて、電話できれば良いんだよね、といまさら思う私でした。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-06 16:04 | ドイツのこと