カテゴリ:雑談( 54 )

ベルリンで、鍼治療。

木曜日に、鍼に挑戦してきました。
普段から行っているお医者さんが鍼をやっている方で
「体調が悪ければ、鍼を試してみますか?
今年の初めから、保険でカバーされていますよ」と勧めてくれたので。
日本では健康保険でカバーされているのでしょうか??

日本で鍼に行った事がないので比較はできないのですが、
痛みもなく、じわ〜と体が温まって、とてもリラックスしました。
針を全身に刺されて、のんびり30分。
眉間に刺された針が見えるのを見続けていました。
しかし、終わってみると、確かに気持ちはよかったのですが、
「これで全てが終わりっ!」と言う程に治った感じはせず。
10回1セットだというので、お金が不安だったのですが、
全額健康保険での負担だから大丈夫ですよ、と看護婦さんが言うので、
いそいそと(笑)次のアポイントメントを入れました。
10回終わった時が楽しみです。

しかし次の日は睡眠時間2時間でスイス、バーゼルへ。
飛行機は決して嫌いではないのですが、
何度も乗ると思うのは、飛行機って体にあまり良くないのではないか?ということ。
耳鳴りや、頭痛、むくみ。電車では起こらない症状が、必ず体に出てきます。

帰って来た日から2日連続で、久しぶりに夜遅くまで
ライブだのギャラリーのオープニングだのに出かけました!
楽しくて、ハイな気分になっていても、体はやっぱりぐったりしているようで
どうも、体が言う事を聞きません。せっかく鍼治療したのに何の役にも立ってません。
頭もぼおっとしているようで、ドイツ語が乱れ始めます。

今日は久しぶりに長く睡眠時間をとってみたところ、肩こり、腰痛もすっきり!

睡眠は偉大だ・・と実感しました。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-02 20:30 | 雑談

風邪とポスター

暑くて夏バテしている訳でもないのに
夏風邪をひいてしまったようです。

最近天気が良かったので、うっかり薄着で出かけてしまったりしたので
それがまずかったようです。
昨日はぞくぞくしたので熱を測ったら熱があり、早くに寝たのですが
「ぞくぞくして気分が悪く喉が痛い」状態に
なっているという夢を見る始末。
起きると
「ぞくぞくして気分が悪く、喉が痛い」。

これじゃあ、夢じゃない!とちょっと腹がたったり。

具合が悪いとよく見る夢は
巨大な旅館、もしくはホテルで
誰かを探しているというもの。
夢の中では、たいてい空を飛ぶことができるので
巨大なホテルの吹き抜けを
飛び降りたり、なかなか面白いです。

ほとんど交流が無かった、予備校の知り合いが良く登場します。
今現在、よく会う人は夢にほとんど登場しないのですが
そういうものなのでしょうか。
普段はドイツ語しか話せないドイツ人が、突然日本語ぺらぺらで登場することも。


閑話休題。

金曜日からフランクフルトに行くのですが、
心配していたドイツ鉄道のストライキは28日?27日?まではとりあえず無いそうで
ほっと一安心です。
風邪が治ってくれないとサルディニア・レストランに行けなそうでくやしいですが・・

美術館の中にある図書館に行ったのですが
そこで開催中の「日本のポスター」展を見てきました。
ほとんど知っている物でしたが、
横尾忠則や、福田繁雄など、
好きな作家の作品を改めて見ることができて良かったです。
佐藤可士和のスマップ、や体質水、は雑誌などで見たことはあったのですが
本物?は初めて見ました。


ではでは、皆様も夏風邪にお気をつけ下さい!
[PR]
by berlinbau7 | 2007-08-16 06:21 | 雑談

初。

初体験のコインランドリーは
グーグルマップに寄れば、自宅から約1km。

普段ならばサクサク行けちゃう距離だが、
水をたっぷり吸ってずっしり重たくなった
洗濯機いっぱいの洗濯物(しかもちょっと臭う)を持って行くのは
ちょっとキツかった。

イケアの袋は安い作りなので、紐が肩にすごく食い込む。
今日みたら、3本の線の青あざが、肩にできていた。

2件のコインランドリーが並んでいるのだが
1件は、真っ赤な洗濯機で、隣でカフェを飲めるようになっている。
もう1件はグレー調で、安そう。
カフェが飲める方を選び、カフェでお札を崩して
小銭を2、5ユーロで洗濯、0、5ユーロで洗剤を買う。
ボタンを押してからお金を入れなければいけなかったらしいが
逆にしてしまい、結局、カフェのおじさんに全部やってもらってしまった。

40分の待ち時間の間、
美味しくないコーヒーを一口のんで、
ほんのり暖かくて、湿度が高い空気の中で、うっかり眠りこけてしまう。
「洗濯終わってますよ」とカフェのおじさんから声をかけられて
目を覚ます。
「月曜日だからねえ。日曜日遅くまで遊んだんでしょ」と笑われる。
そんなことはないが、特に反論もしない。

乾燥機は15分、0、5ユーロ。

全然乾燥していないが、水分はそれなりに飛んだみたい。
帰りのバッグは、かなり軽かった。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-07-31 18:17 | 雑談

コワレル。

旅行から帰ってくると、よく壊れる。

前は、数日間の出張から深夜に帰って来て
「やっと一息つける〜〜〜。ゆっくりお風呂に入ろう」と思ったら
湯沸かし器が壊れて、半月も直らなかった。
電気のヒューズが突然飛んで、疲れた体にむちうって
ロウソクを持って修繕をしたこともある。
暖房機が壊れて、部屋が寒かったこともある。
パソコンが壊れて、日本語が打てるネットカフェを探した事もある。

壊れてはいないが、
ゴミを捨てにいこうとして、うっかり鍵を忘れて
オートロックで閉め出されたこともあった。

そして、
これらが起こるのは大抵、「疲れ切って帰ってきて、次の日も忙しい日」で
「金曜日、もしくは土曜日の真夜中」で
「修理の人が呼べない、もしくは呼ぶと高くつく」
日なのである。

今回もそうだった。

5日間のたまった洗濯物を洗濯機に入れて
水道の栓をひねり、
スイッチオン。

ガキッ

と変な音がしたと思ったら、水が出ないまま、数回回って
止まってしまった。なんだか焦げ臭いのであわててコンセントを抜いた。

は、良いのだが、
蓋が開かない。

土曜日で、修理屋には連絡がつかない。
中古で買ったので1年間の保証期間があるが、
見ると、ちょうど1年と1ヶ月前に買った物だった
(→良くある)

朝まで待って、
買った店に連絡すると、
保証期間を過ぎているので
「まず、家に来るのに50ユーロ」
「修理に20〜70ユーロ」
「修理用に部品を買うと20ユーロ〜」
で新しい(中古品)を買った方が安いという。

ベルリンに来てから
中古の洗濯機を何台買っただろう。
常に、1年と数ヶ月で壊れている(当たり外れがあるようで
私の友達は同じ店で中古で購入し、5年ももっている・・)
これなら、新品で、5年間の保証期間があるほうが
よっぽど安い、と決心して、
自力で蓋を開けるべく、ドライバーを使ってこじ開けた。

壊れた洗濯機は、中古屋に連絡すると無料でひきとってくれることになった。
「先ほど、蓋が壊れたと連絡したものですが」
というと
「ああ、すぐ取りにいきますよ」と何やら嬉しそうだ。
先ほどは随分修理代の見積もりをふっかけてきたけれど、
本当は修理は簡単で、すぐ売れるのだろう。
でも、粗大ゴミを出すのは大変だし、直して売ってくれる方が気持ちが楽。

カビこそ生えてないが、2日間濡れていた洗濯物はすぐ洗わねばならない。
びしょびしょで、ちょっと何かピクルスのような臭いがし始めている
洗濯物をイケアの袋とビニール袋に2重に詰めて、
ベルリン生活初のコインランドリーを訪ねた。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-07-31 01:38 | 雑談

電球を交換するのに、何人の日本人が必要?

先日、友達とパーティをしました。

イタリア土産の乾燥ポルチーニ茸をもどして
その戻し汁でつくったリゾット。

6名でワインも4本開いたところで、
ジョーク大会が始まりました。
「ブロンド娘ジョーク」の後は、「オランダ人ジョーク」「東フリース人ジョーク」などなど、地方/国によって異なる性格を笑う
ジョークが出てきました。
「ねえ、日本のジョークを何か話して!」

ベルリンに来た初めの頃、小話とかパーティジョークが好きな
知り合いがいて「日本のジョークを話して」とせがまれたのですが
これがなかなか難しいんですね。

ダジャレは翻訳できないし、
落語、笑い話や漫才というのとジョークはまた違うし・・
しょうがないので、以前も書いたタイタニック号ジョークを話しました。

ちょっと面白かったのは
「電球を交換するのに、何人の人が必要?」というジョークです。
どうやら色々なバージョンがあるようで、1人が言い始めたらどんどん出てきました。

ゲイの友達が言っていたのは
「電球を交換するのに、何人のレズビアンが必要?」


7人。
1人が電球を交換し、3名はその様子をビデオに撮影し、
残りはワークショップをオーガナイズする。

別の友達は、
「電球を交換するのに、何人の東フリース人が必要?」


5人。
1人が電球を持って、後の4人が椅子を回す。

大納得だったのが、
「電球を交換するのに、何人のドイツ人公務員が必要?」


45人。
1人が電球を交換し、残りの44人が書類を処理する(さもありなん)

・・・
ネットで探してみたところ、
「電球を交換するのに、何人の日本人が必要?」もありました!
さてさて

答えは・・・
0人。ロボットが電球交換するから。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-07-22 22:25 | 雑談

天気と躁鬱の関係性

やっと天気が良くなってきました!

これまで、毎日のように雨模様。
朝は青空が見えていても、ぐずぐずと曇りから雨という
パターンが多く、
最高気温は20度!という
『夏じゃない!!』と叫びたくなるような天気で
仕事で家にこもりきり、
くら〜い気持ちでウツウツとしていました。

天気は人間の気分と大きく関わりがあるように思います。
実際、冬、くら〜い天気の時、外にでると
ドイツ人たちの眉間の皺はくっきり深く、
いつもに増して、つっけんどんな気がします。
(冬こそ本当のドイツ人。夏は偽りの明るさがある、
と評していた日本人の知り合いもいました)

で、
逆に天気がいいと、ハイになるわけです。
ドイツ人の顔もきらきら〜と明るくなってきます(当社比較)
今日はからりと晴れ,
気温も35度まで上がる予定だとか!

やっと夏がやって来た〜〜〜!!

というわけで
週末はサイクリングを満喫したいと思います。

この天気が続いてくれると良いのですけれども・・
[PR]
by berlinbau7 | 2007-07-14 16:52 | 雑談

セカンドライフ、ファーストライフ。

『セカンドライフ』って知っていますか?

私も、話に聞いた事はあるけれど、
仮想空間をアバター(自分の分身)が歩き回れて
最近では
ナイキとかいろんなお店や、不動産まであって儲けているひとがいるらしいって
言葉で聞いても
なかなか、想像がつかなかったのですが

今日、初めて、
セカンドライフを持っていると言う人とあったので
見せてもらいました!!
彼のアバターを借り『ヴァーチャル・トウキョウ〜渋谷区』に行ってみました!
世田谷区とか新宿区とかもありましたが
あくまでもイメージの新宿なり、渋谷みたいでした。

ドイツ人なのに
なぜか『NOMURA』という名前のアバターだったので
(日本語の名前になるとは知らずに)
出会った人たちからは
『こんにちわ野村さん』と話しかけられました。
(パソコンに出てくる日本語に、ドイツ人興奮!)

最初に出会った女の子たちは、推定年齢15歳くらい?
『うぃうぃ〜w』と言ってました。。

おおお・・・
ちょっぴりカルチャーショック。

自分がまったく知らない言語が話されている〜なんて思ったり。(おばちゃん・・)
ちょっとわくわくするような、微妙に疎外感があるような。

ローマ字でしか会話が打てないので、
『Berlin ni irunode romaji de sumimasen』
ベルリンに居るのでローマ字ですみません、
と書いたら、『まじー』とか言われました。
『ドイツ人?』とか尋ねられて。
いや、仮想空間ではドイツ人なんですが、生身日本人です。江戸っ子です。

とっても洒落たハイヒールを履いているコが居たので、
ヴァーチャル靴ショップに行ってみたり。
侍姿の凛々しい人を見つけて、話しかけてみたり、
なぜかフランス人にフランス語で話しかけられたり・・。
(すれ違った人のプロフィールを見て、相手の国籍とかが分かることもある)

なかなか面白かったですが、
その帰り道、
美味しいイタリアンレストランを発見。
茄子とパプリカのマリネ、鯛のグリルを食べながら、
『やっぱり、ファーストライフが良いね!』
って思った事でした。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-06-23 02:31 | 雑談

ドイツ語の夢、『A-A’ 』

久しぶりにドイツ語で夢を見ました。

今暮らしている家の窓の外の木立に
なぜかニホンザルの親子がいて、とっても可愛いので写真を撮ろうと
あわててデジカメを構えました。
しかし、画面にはぼけぼけのニホンザルの顔が映り、
『なんで、ピントが合わないんだ!?』と困っていたんですが
はっと見ると、レンズの真ん前にニホンザルがもう一匹。

あわてて、家の中に入って来てしまったニホンザルを探すという・・。

登場人物は自分だけで、言葉は発されないのですが、
頭の中で考えていた『セリフ』はドイツ語なのです。

『なんでニホンザルがドイツにいるのか』という疑問が
ドイツ語だったんですね。
もっと他に色々疑問はあるだろうと、
起きてから自分につっこみを入れたくなりましたが。

一度起きてからまた見た夢は、中学生の時の親友の夢。
高校卒業後に亡くなってしまった彼女は、よく夢に出てくるのですが
今回は、
『7歳に戻って、生き返っている』という設定でした。
生き返っているというのはとても嬉しいことなのですが、
7歳に戻っているので、
私と過ごした記憶はまったく失われている、という・・・。
なぜかドイツにいると言う設定で、彼女も私もドイツ語を話していました。
夢の中で、
私は叫ぶように泣いていて、すごく悲しい気持ちで目が覚めました。


萩尾望都の漫画『A-A’ 』というのがあるのですが、
ここで、クローンという形で蘇ってくる主人公と、その恋人の話が出てきます。
ある時点の前までの記憶を持ったクローンが再生するのですが、
その時点の後に起こった、恋人との想い出、恋をする時間は失われ、
産まれた後に出来た傷〜とそれにまつわる時間も、失われているという・・。

こういうことって、いつか、未来に実現されることなのかもしれませんが、
人間というのは、
その人が過ごして来た時間や、その時間を共有した人間、ものごとすべてが
関わってくることなので、『その人間を再生する』というのは不可能なのではないかと
考えた夢でした。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-06-06 07:08 | 雑談

Die Bremer Stadtmusikanten

ブレーメンって
ブレーメンの音楽隊の他に何があるのでしょう。
明日、初ブレーメンに行って参ります。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-05-18 04:00 | 雑談

造顔、象眼、ぞうがんまっさーじ

で紹介されていた
造顔マッサージというのに挑戦中です。

乾燥肌なので、あぶらっぽいかな?というくらいに
ぺたぺたするテクスチャーの
SalusのビタミンEのクリームをつけて
ゆっくり手の温かさで肌に馴染ませるように
マッサージしてみています。

このクリームは夜につけると、
朝、すべすべ!
私は超乾燥肌なので、これを夜つけて、朝お風呂に入って顔を洗ったら
さらに、オイルを塗らないと、夏でも顔がかゆくなってしまいます。

でも、このクリームを使い始めてから、
徐々に、かゆみなどが出なくなり、
乾燥による、目の周りの小ジワも消えてきました!

造顔マッサージも、がんばって続けてみたいと思います。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-05-06 23:52 | 雑談