カテゴリ:雑談( 54 )

ひなまつりのケーキ

読んで下さっているみなさま、
ご無沙汰しております。

はっと気がついたら、もう1か月以上ブログを更新していませんでした。
2月はベルリン映画祭をあまり楽しむ暇もないほどバタバタしていて
体の調子があまり良くなかったり(というか肌がひどいことに。。)したんですが、
先週から少し落ち着いて来て、
久しぶりに友だちを家に呼んでご飯を食べたり、ケーキを焼いてみたり、
サイクリングをしてみたりしていました。

今年はありがたいことに少し忙しくなりそうなので
のんびり、ブログをやって行きたいと思います。

さて、今日はひな祭り!
おひな様もないので、お祝いというわけではないんですが
相方がケーキを買って来てくれました。
春はやっぱりベリー系のケーキ! 軽いタルト・オ・シトロンも美味しいです。
本当ならば和菓子&抹茶なんでしょうが、
寒いベルリンでチューリップ&タルトのおひな様も良いものです。
本日は友だちのコックさんが腕をふるう御馳走ディナー。
……
と書いたところで思ったのですが、
そろそろ日本だと、夏にむけてのダイエット、とか雑誌が特集したりする時期ですよね。
まだまだベルリンは寒いので、
なんだか「ダイエット」というような雰囲気でもないんですが……
近所のプールに行こうと思ってます!
d0086063_16214957.jpg

[PR]
by berlinbau7 | 2009-03-03 16:22 | 雑談

ベルリンよりこんにちわ。

d0086063_72202.jpg


Poppyさんが教えて下さったのですが、
「旅」、アマゾンでも販売されているようです!
Poppyさん情報ありがとうございます!!

ベルリン雑貨探しの旅へ!

先日まで写真が載っていなかったのですが、
今見たら扉写真がちゃんと掲載されていました。
表紙の子たちが、ブレーツェルを食べながら雑貨を売っているのに注目!
可愛かった……
そして寒かった……
そういえば、この日は朝から自転車で事故をしたんでした……
思い出したくない想い出が〜

「旅」の公式サイトのブログでも
最新情報をご紹介していきますので、良かったら合わせてどうぞ〜〜☆
第1弾は、セール情報です。。

……
本日はベルリン映画祭のプログラム発表日でした。。
書きたい事と時間が追いつかない〜〜!日本映画で見たいのも沢山ありました!!
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-28 07:21 | 雑談

どじょう掬いまんじゅう?!

ピンポーン、と本日お昼に届いた小包。
開けてみると、
ええっ?
「どじょう掬いまんじゅう」……って何?
ウナギパイみたいに、ドジョウの粉が入ってるお菓子かと思ったら……
d0086063_515285.jpg

かわいいぃぃぃ!
豆絞りのてぬぐいを巻いてる、そのセンスが最高!
てぬぐいを取ると(パッケージを剥すと)ひょっとこ型。
ちまちま並んでいる、その姿のかわいらしいこと!
うちの相方、
「うーん、シンプルなのに完成されたデザインだ……。さすが日本の菓子」と
申しておりました。
確かに。
和菓子で有名な、松江の銘菓だそうです。
Youtubeに、昔のCMがありましたが、
これもある意味すごいセンスが良い!?
d0086063_5125130.jpg

集合体がカワイイ。
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-22 05:15 | 雑談

ドイツの誕生日は

ドイツでは誕生日の人が友だちを招いたり、御馳走する風習があります。
仕事場で誕生日ケーキを配ったりもするそうで、
同僚が多い人は大変だとか。
昨年は頑張って誕生日パーティをやったのですが、
ケーキを沢山焼いたり、招待客を考えるのが……
いや、焼かなくても良いし、招待客だって適当だっていいはずなんですけどね。
d0086063_6231750.jpg

今年は、月曜日ということもあって
ひっそり祝うことにしました。
昼と夕食を外食にするというゼイタクをして
帰って来てからお茶と、外で買ってきたお菓子「パンフォルテ」お祝いしました。
パンフォルテは、
イタリアのあまり甘くない、でもどっしりしたナッツのお菓子で
ホールのアーモンド、オレンジピール、蜂蜜などが入っているようす。
シナモンの味も濃すぎず、なんだかゆず羊羹とかの和菓子を思い出す。
薄ーく切って渋茶と頂きました。
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-20 06:23 | 雑談

キーボードのこと

本日、誕生日を迎えました……。
ベルリンで8回目の誕生日。
本当にあっという間に時間が過ぎてびっくりです。
d0086063_20364833.jpg

プレゼントには新しいキーボードをもらいました。
2年前に買ったキーボードはあまりに酷使したので、
母音のキーのスプリング?がどれもやられてしまっていて、
早く文章を打つと、時々母音が押されなかったり、
特に、一番端にある「A」は小指で押すので、力を込めにくかったりして
困っていたのです。。
しかも、力を入れないと打てないのでガンガン力を入れるので
メール1つ打つのにものすごい音がでて、夜はうるさいくらいだったのです(汗)

新しいキーボードは静かで柔らかいタッチで打てるので最高です!
しかし「A」はなんであんな端っこにあるのか……
とちょうど思っていたところ、
コミック・エッセーの記事にこんなものを発見!
ダーリンの頭の中
このトニーさんの視点とか言語オタクな知識の幅広さは
いっつも面白いですが、今回も、なあるほど〜〜という話でした。
タイプライターの配列から来ていたとは!
私が持っているのはドイツ語キーボードなので
英語/日本語とはまたちょっと違います。
右端にウムラウト文字が並んでるもので,「Z」と「Y」の位置が逆さまです。
ZとYが逆さまなうえ、
ドイツ語で打つ時と日本語で打つとき位置が入れ替わる(日本語でYを打ちたい時は、Zを打たねばならない)ので、慣れるまでちょっと時間がかかりました。
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-19 20:37 | 雑談

20年代のドイツから…

d0086063_852432.jpg

昨年秋からずっと愛用しているペン。
ボールペンなのですが、
店で買って帰って使おうとしたら、これが書けない!
えー!と思って次の日にお店に行ったところ
「インクを差し込みましたか?」と店員さんニッコリ。
ああっ!
万年筆タイプのボールペンなので、インクカートリッジを
差し込まないといけないんですよ……(恥)
万年筆は見たことはあっても、自分で使ったことが無かった私。
綺麗なセピア色のカートリッジまで買ったくせに、
使い方全然わかっていませんでした。

実はこのペン、20年代の復刻デザイン。
ごろんとした小さな八角形のキャップがなんともいえず手に馴染み、
キャップをお尻につけると、ペンが長くなって文字が書きやすくなるという
(当時は並ぶ物のない)画期的なデザインだったのです!
日本でも買えるお店があるそう。
昨日から発売の雑誌「Pen」に、
これら復刻デザインの文具について書かれています。
ご興味がある方は、ぜひご覧頂けたら嬉しいです。
白/黒、ボールペンタイプと万年筆タイプがあって、
紙ケースもどこかアナスイのコスメみたいな素朴な可愛さがあって
捨てられません……。

ぬくもりの文房具
(よーくみると、消しゴムとペンはドイツ製!!
この「ロイファー」消しゴムは大好きな消しゴムで、鉛筆をめったに使わないのに
この消しゴムだけは持ってます。角が丸く、なんとも無骨なロゴが好き。)

しかし、20年代は最近キーワードな感じがします。
ベルリンの「黄金の20年代」。
映画や音楽、ファッションまで色々なところに最近、影響がみられます。
私は、年末ずっと、コメディアン・ハーモニスツにはまっておりました。
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-16 08:53 | 雑談

ベルリンがテレビに登場します☆

今週末、土曜日の朝番組で、ベルリンが紹介されます☆☆
d0086063_17491165.jpg

かわいい犬(?)のジーンちゃんがベルリンにやって来て
私の友だち夫婦を訪ね、一緒にベルリンの街を歩き回ります!
壁や
ブランデンブルク門
タヘレスといった
観光地はもちろんのこと、
グミ好きの私としてはイチオシの、
量り売りのグミコーナーや、変なお兄ちゃんが経営するあるお店も登場!

私が大好きなドイツ家庭料理の1つ、
「Roulade ルラーデ」〜ロールキャベツの反対巻きみたいなお料理で
お肉のスライスで、ピクルスやベーコンを巻くというお料理の
作り方も紹介!

放映は
1月10日土曜日、朝8時半〜9時55分(の中のいつか)
フジテレビです!
関西の場合は、関西テレビ、同時刻放映です。

詳細は以下のリンクをどうぞ〜

にじいろジーン

ベルリン好きの方、グミ好き(笑)の方、
ドイツ料理好きの方、必見!!!
さむ〜い冬空のベルリンもたっぷりでてきます(涙)

私はまだ見ていないのですが、
ご覧頂いた方、感想を頂くことができれば嬉しいです!
ぜひ見て下さいね〜!
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-07 17:51 | 雑談

マイナスの夜

下に書いた

パレスチナのデモにトルコ人が多くでていたのは何故?
という質問にいろいろお返事頂きました!
イスタンブールなどでもデモが起きているそうです。

ドイツのトップニュース
をご参照下さい。

イスラム教徒だから、というだけで連帯感があって
あれだけ激しいデモを一緒にするという感覚が
無宗教の私にはなかなか、理解できないなあと思いました。
d0086063_20373821.jpg

さて、昨日はマイナス20度!近いらしい、という寒さをおして
市川崑監督の「炎上」を観に行きました。
パシュミナ&カシミアのマフラー2枚重ね
ワコールのあったか下着
指付き靴下3枚履きに厚底ブーツ
という相当モコモコの格好で、
雪をしゃくしゃくと踏み砕きながら、映画館に向かいました。

うーん………。
三島由紀夫の「金閣寺」から発想しつつも、まったく違う映画をと
撮ったものらしいですが、
そのわりには、変なところが残ってて、
私が「金閣寺」で重要なイメージなのでは?と思った
鍵となるようなイメージやエピソードが無くなってて、
なんだかまったくもって不完全燃焼な映画に感じられました。
なぜ、
女性の姿を南禅寺の上から見かけた、というエピソードが残っていて
乳とお茶のシーンが無いのか?
友だちが死んだことは入っているのに、
彼が実は自殺だった話はないのか?
特に、
GIが連れていた娼婦の、意図的にお腹を踏む(原作)が
うっかり突き飛ばす(映画)ことになってたり、
売春宿に行くが、そのまま帰る(映画)など
主人公の、溝口がすごく純真な少年のように描かれているのが残念でした。
特にラストシーンががっかり……。

市川雷蔵がかっこよかったから、まあ良いか。
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-06 20:37 | 雑談

牛ビデオ

大掃除を慌ただしくすませ、
今日から、相方の両親と観光三昧の年末年始です。。

謹賀新年・牛年

上は、
今年買った変な玩具のビデオ。
スイスのマークがついたオルゴールですが、
ハイジの曲に合わせて、牛がくるくる回ります。
お粗末様でした……(音声付き)

ブログに遊びに来て下さった皆様、
読んで下さった皆様、
ありがとうございました!!
よい2009年をお迎え下さい!
[PR]
by berlinbau7 | 2008-12-30 19:03 | 雑談

わたしの本棚(2008年、漫画編)

「今年の10大ニュース!」を考えたのですが
引越以外まったく思い当たらないという寂しい結果に。

なので、昨年に引き続き
今年読んだ本の中で、
もとい、
今年読んだ漫画の中で、良かったものを考えてみました。
昨年読んだものから続いているものが多く、新作があがらないのは
やはり本屋で漫画が買えないから(涙)
2009年版「このマンガがすごい!」では
ランキングされていたものは知らないものが多かった……。
やっぱり、漫画(本も)は本屋で表紙を見て、手に取って選びたいですね。

さて、
昨年に引き続き良かったのは、以下の2つ。
●へうげもの7服
利休が〜〜〜!来年そうそう、すごい盛り上がるらしく、すごく気になる。
●リアル8巻
(野宮がいよいよ腹をくくる!展開に大期待。
韓国にいる友だちとも、リアル話で盛り上がりました。
ちなみに韓国ではまだ8巻は出ていないらしい)

今年初めて読んで良かったのは、
●この世界の片隅に
こうの史代の、1コマ1コマ、
小さなところまで、人の心の動きを細やかに紡いでいる感じが好きです。
この話では、戦時中の辛かったり切なかったりする様子が、
うまーく笑いと混じってて、すばらしいです。
海軍に入った哲さんが訪ねて来る話はせつなかった……。
歌だったり、人生相談風だったり、カルタだったりと、仕立ても面白い!
上・中ときてるので、そろそろ「下」でおしまいになるんでしょうか。。
ごはんが増える炊き方、楠公飯も気になるところ……。

●駅から5分
くらもちふさこの連載中の作品。
いや、くらもち作品はどれも好きなんですけど、
鮮やかに、ストーリーが絡み合っていて、
ひたすら、うまいなーーーーーあざやか!と思って読んだ1冊。
どういう展開になるのか、2巻が届くのが待ち遠しい。

●海獣の子供
五十嵐大介のまとめ買いをした中では「はなしっぱなし」が面白かったのだけれど、
こちらは昔の作品なので、現在連載中のこっちを。

●真昼の月
吉田秋生の、「海街diary」の続編。
なんといっても、舞台の鎌倉という場所の、物語との絡み方が良い。
実家がそっちの方に移ったので、ついつい想像が広がります。
どうやら関連本で「海街diary すずちゃんの鎌倉さんぽ」もあるらしい。
“かまくらカスター”が食べたくなる(もちろんチョコ味)

●テゾーロ
オノ・ナツメの初期短編集。
「リストランテ・パラディーソ」はなぜかあまり、ピンと来なかったけど
これは好き。お弁当の話が特に。。
リストランテで働く人にスポットをあてた「ジェンテ」もけっこう好き。
2巻最後の描き下ろしページが良かった。(ジジのファンなので)

●ルート225
志村貴子が原作付きで書いた話。話自体がけっこう良かった。最後のコマも◎

……
あとは、漫画も、本も、古いものを読み直してばかりいます。
「ナニワ金融道」文庫版をねっちりと読み返し中。
そして冬に、のんびり美味しいお茶を入れて、
お菓子をぱりぱりと食べながら読みたいのは、坂田靖子の本!
「かずのこにゆずを絡めた餅」は正月になると食べてみたくなります。

次に買おうか迷っているのは、
漫画大好きな知り合いのオススメ、
渡辺ペコの「ラウンダバウト」
そして、松田奈緒子の「少女漫画」。
後は、数名からオススメされている「闇金ウシジマくん」など。

さて、次は何を読もうか……。
冬の夜長には、読書が一番ですね。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-12-28 03:53 | 雑談