カテゴリ:ドイツのこと( 53 )

ドイツワインは美味しい!

昨日は、ドイツ格付けワイン農家のプレゼンテーションを見てきました。
格付けワイン、Praedikatsweinと呼ばれるワインは、ドイツワインの中でも優良と認定されたワイン農家で作られているもの。
認定している団体は、1910年に結成。当時から今日にいたるまで、アルコール度を高めるために糖度を調整せず、あくまでも自然の方法を使い続ける、高品質なワイン農家だけで構成されているという話。ドイツのナチュラルワインの知名度を高め、また品質をよりよくするために努力している団体なのです。
日本でドイツワインを買われるときも、ワイン瓶の首のところに、胸にぶどうがプリントされたワシのマークがついているので、参考にして見て下さい♪

私は、ほとんど一滴もお酒が飲めない・・というか飲むと次の日頭痛、朝どうしても目が覚めなかったり、体がだるかったり、お酒を分解する酵素が体の中にない、という体質なのですが、ドイツワインだけは、農家を訪ねたりして、良く知りたいと思っている分野なのです。

イタリアやフランスのワインに比べて、ドイツワインはまだまだ知名度が低いのが現状。
実際、ドイツ国内でもドイツワインの地位はあまり高くありません。
でも、
昨日、プレゼンテーションで、一口ずつ口に含みながら試飲したワインの美味しかったこと!
辛口の白ワインが、ドイツワインの中でもはずれなく美味しいものだと言われていますが、
赤ワインも、最近は国外のワインコンペなどで受賞しているものも多く、
美味しい物が増えています。

・・というわけで、今回は、ドイツの美味しい赤ワインを探す!というのを目的に掲げて
このプレゼンテーションを回ってみました。

ワイン通ではないうえ、下戸の私なのですが、
そんな私でもおおおっ!これは、と思った赤ワインが
以前、Goltz23というコンテンツで紹介したお店でよくおススメされたプファルツ地方のワイン農家、『Knipser』の赤ワイン。2003年のシュペートブグンダー種。
樽の香りが強く、独特の味わいが鮮烈で、ワイン雑誌の記者さんたちに言わせると『今年飲むより、今買って寝かせておきたくなる、将来性を感じるワイン。』
Knipserのスタンドのまわりには常に人が集まり、私が試飲するそばから『Knipserのワインは何を飲んでもはずれはないのさ』と言う人もいました。この赤ワインは、スイスで赤ワインの賞を受賞しているそうです。
そして、同じくGoltz23で何度か買ったことがある
Messmerの赤。(カールシュタットなどでも売っています)同じくプファルツ地方のワイン農家。メルローという種類の2003年もの。
力強い口当たりで、脂身の強い魚や肉に合いそうな味。おいしぃぃ!

飲めないのに、何十種類もを一口ずつ試飲したため、足がふらふらになりましたが
一口ワインごとに水を半リットルほども飲んだのが良かったのか、
飲んだ日は頭痛がしたのですが、次の日(今日)は頭痛もだるさもありませんでした。

『なんでそんなにまでして飲みたいの?』と
言われてしまいますが、だって、飲む一瞬はとても美味しいのです。そして料理と合わせたときの味の変化を体験すると、おお〜〜すごいなあ〜と、やっぱり感動してしまうからなのです。。

お酒に強くなりたいなあ・・とおもいながら、口は満足しつつも
頭はもーろー、よろよろと会場を後にしたのでした。
(判断力が落ちていたので写真を撮るのを忘れました・・。。)
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-04 19:43 | ドイツのこと

ドイツで楽しむハーブティー

自然派コスメの他、
最近よくプレゼントに使い、自分でも愛飲しているのが、ハーブティ。
もともとコーヒーよりお茶派なので色々買うのだけれど、
最近のお気に入りは、『Zitronen-verbenaレモン・バーベナ』というハーブのお茶。

ハーブティーを沢山そろえる店でお茶した時、
『これこれ!これが美味しいから飲みなよ』とドイツ人に勧められたのがきっかけ。
日本ではあまり耳にしない名前のハーブだけれど、ヨーロッパではけっこう人気があるらしい。
口の中がさっぱりする爽やかな味わいだけれど、ぴりぴりしないくて飲みやすい。
吐き気や消化不良に効果があり、脂肪の消化を助けたりするそうだ。
まさにドイツ料理にぴったり!
のハーブティーなのだ。
有機栽培のハーブを使ったハーブティーや、ハーブ錠剤などが充実している
ドイツの会社、サルス(Salus)の製品を買いました。
ここの製品では他に、ミントティー、風邪予防に良いビタミンCのお茶がお気に入り。
d0086063_19405330.jpg

その他よく飲んでいるのが、ベトナムの清熱茶。
これは、下にも書いている、グレゴリ青山さんが書いた『ふたたびの旅』というので
紹介されていて、美味しそうなお茶だな〜と思っていたら、
たまたまアジア食料品店で見つけていらい、ずっと飲んでいます。
甘茶のようなさわやかな甘味があり、血圧を整える効果があり。
ジュースとかの甘味より、口にべとべとしなくて、香ばしい香りも○。

他に、自分で蕎麦の実を煎って作った蕎麦茶もよく飲みます。
こちらはドイツ人にとても好評。
ちょっとコーヒーっぽい強い香りがあるからかな??
緑茶は苦い、といって、お砂糖を入れて飲むドイツ人もいるので、
(カフェで頼むと砂糖付きでサーブされる)
お茶はたいてい、玄米茶か、蕎麦茶、ルイボスティーを出します。。

はあ〜
しかし、
暖かいお茶が美味しい気候になってきてしまいました、ベルリン。
今日も最高気温は20度そこそこ。風が強くて寒いです。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-08-31 19:41 | ドイツのこと

自然派コスメはやっぱりドイツ産!

本の雑誌、『ダ・ヴィンチ』を楽しみに読んでいる。
毎月ベルリンで手に入れている方から貸して頂くのだが、
なんといっても一番の楽しみは、山岸凉子先生のバレエ漫画『テレプシコーラ』。
それから、コミックエッセーがのっている別冊、『別ダ』もかわいい。
グレゴリ青山の京都の話、旅話が特に好き。読むと、一時帰国したら絶対京都いくぞ〜!
と妙に燃えてしまうのだ。

さて、
今月号の別ダには、『アンチエイジングの鬼』 korridaさん、なる方のエッセーが載っていた。
乾燥バリバリ、排気ガスもたっぷり、冷え性にはつらい寒さ、
の街、ベルリンで、30才を迎えてしまった私にも気になるテーマ!!
というわけでブログも探して、じっくり読んだところ、
彼女のお勧めコスメは、ドイツの自然派化粧品が多かったのに感激。

『Dr.Hauschka』のローズクリーム
とか
『タウトロッフェン』のサンドロン(グミの実)オイル
とか
『マルティナ』のクレンジング
とか

ドイツの自然派化粧品は、ただハーブとかを使うだけではなく、大抵が厳しく栽培法までチェックして作られているし、作り方も、太陽をあてて、ゆっくりとエキスを抽出したり(タウトロップフェン)、とことん自然!!なコスメが多い。

私はかわいらしいコスメを見てうっとりするのは好きだけれど、
実際あまり自分のために買うことはない。
お金がないので、こちらではドラッグストア・コスメの『Weleda』、白樺のオイルを使うくらい。

でも、お土産とか、日本の友達にプレゼントする時によく買うのが、
『Dr.Hauschka』の旅行用キット。
d0086063_736264.jpg

これはボディ用で、いろんなオイルとかクリームとかがちょっとずつ入っていて、
敏感肌の人だったら、肌に合うかどうか試したりするようにもできます。

銀色の缶に入っているところもお気に入り。

冬になると、バスオイルセットとかも出てきます。
手に取るととろりとしたコクがあって、伸びが良くて、
お風呂に入れると体の芯からほぐれる気がします。。

秋を飛び越えて、冬?ってくらいの涼しさとなったベルリン。
バスオイルセットを友達に買おうと手に取って、改めて、寒さが身にしみてきました・・・。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-08-30 07:36 | ドイツのこと