カテゴリ:ドイツのこと( 53 )

マウスの番組で、日本が紹介されました♪

「にじいろジーン」ベルリン編と
放映日を同じくして、
「Die Sendung mit der Maus マウスの番組」の
日本についての番組が放映されました。

2005/06年の、日本におけるドイツ年のキャラクターともなった
オレンジ色の寝ぼけ顔のネズミ、「マウス」。
1971年から続く子ども向けTV番組。
マウスが、相棒の青い小象(マウスより小さい)と一緒に
身の回りにある「?」に答えてくれたり、
物の仕組みを教えてくれたりします。
ただし、マウスは言葉を一言もしゃべりません。
それが大人心もくすぐるのか、大人でもファンが多いこのマウス。
昨日、友だちのうちに遊びにいったところ
「朝、マウスの番組で、日本が紹介されんだよ!」と興奮気味の友だち。
「プレゼントを渡すとき、「大した物じゃありませんが」って
言うんだって? 
トイレから水がでたりとか(ウォシュレットの事を言っている)
学校で地震訓練があるんだって?学校では生徒が掃除をするの?」
………
確かに番組を見ると
「大したものではありませんが(Es ist wertlos→価値もないものですが)」とか
「失礼します(Ich bin unhoeflich→私は無礼な(失礼な人間です))」とか
確かにそうとしか訳せないんですが、
ドイツ語で聞くと、はっ?と考えてしまいました。

もう放映は終わっているのですが、
YouTubeで調べたらばっちり!みつかりました。パート3まであります。

マウスに聞いて!
ラルフ、日本に行く、その1


特に、ドイツでは
学校で給食も食べない事が多いですし(全日制の私立は別)
掃除を生徒がすることもありません。
こちらの子ども達には、その辺の違いも新鮮だったよう。
満員電車、トイレや、スリッパの話なんかは
まあ、
日本に行った人はみんないうよね、と思いつつも、なかなか面白かったです。

しかし、レポーターのラルフさんが、
黒板の前に立ったときのセンセイとの背の違いがすごくてびっくり!
地震の訓練で、机の下に入り込まねばならなかった時にも
机が持ち上がっておりました。。
やっぱりドイツ人大きいなー……
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-12 01:12 | ドイツのこと

東洋の神秘 vs ジャーマンソウル

……ってわけでもないんですが。
d0086063_23314223.jpg

大好きな伊藤若冲のカード(屏風みたいに折れる)が
ミニチュアの庭小人にぴったりだったので、
アレンジしてみました。
庭小人は、2005年に私がレジデンスをしていた場所の
すぐ近くで作られていました。
大きめサイズの物はけっこう普通にDIY店で手に入ります。
この小人がベルリンで販売できるように、尽力中。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-10-20 23:32 | ドイツのこと

ふくらんだり、しぼんだり。

色々なシゴトやら、やることがてんこもりで、
なかなかブログをアップできません〜。
それでも見て下さっている方、ありがとうございます。
仕事もさることながら、
他人と同居するという生活リズムにまだ慣れていないからか、
なんだか自分の時間をゆっくりと作りにくいというのが現状です。。
映画とかもアンドレアス・ドレーゼン監督の新作など、書きたいのですが!!
d0086063_17542599.jpg

さてさて、
いま心配なのは、やはり銀行にあるお金のこと。
全然大した金額ではなくとも、万が一何かが……
貯蓄口座に入ってるお金はいったいどうなるの〜
とちょっと不安でした。
ちょうど銀行に行く用事があったので、色々説明を聞いたのですが
『銀行員がする説明なんて、悪いこというわけない』と相方。
しかし、銀行員を信用しなかったら、
どうしたら良いんだっ!
いまさらタンス貯金をするわけにもいかないし……
と思ったら、
相方が良いサイトを見つけてきました。
ドイツは国家が補償してくれるのは限度額が2万ユーロだったか、
大した額面ではないのですが、銀行はそれぞれ、Einlagensicherungsfondというシステムによって顧客のお金を守っています。

ドイツの銀行は連邦ドイツ銀行連盟という団体にまとまっているのですが
そのサイトにて、自分の銀行はいったいいくらまで保証してくれるのかとか
その限度額が変わったら、銀行はちゃんと教えてくれるのかとか
私みたいな、お金初心者が考えるような質問にも答えるQ&Aコーナーもあり、
いくらまで保証してくれるのかについては、
メールで返事をくれるというシステムなのです。
心配な人は、このサイトをチェックしてみましょう〜。
Bankenverband
私は、なんだか不安だった気持ちが、これを読むことですこーし、落ち着きました。

しかし、
銀行選びは難しい〜!
私はドイツ銀行にも口座があるんですが、
ここがオンラインバンキングのミスやら遅れが異常に多い!
木曜日にオンラインで振り込んだお金が、火曜日まで届かない(同じ国内の銀行で!!)
なんてこともあって、文句を言いに行ったら
『オンラインは時間がかかるんですよ』と言われました。いや、そんなはずないでしょう…。
そんな話をしていたら、友だち(同じくドイツ銀行に口座がある)が
『家賃振り込んだのに、振り込まれてなかったことがあったよ……』
ちゃんと控えをプリントアウトしていたので、銀行に文句を言いに行ったら逆ギレされたとか。
Leistung aus Leidenschaft(情熱を持って、仕事します、みたいなドイツ銀行のスローガン)、
ひどいです。
もちろん、支店によっては良い人もきっと居て、
その人に当たれば良いのでしょうけれど(それはどこの銀行も同じ)。Postbankも気になっています。
ちなみに、私のメインバンクはHypovereinsbank。
昔の家の近くにあったので適当に決めたのですが、私の担当者はいつもわりと感じが良いのです。
唯一、私と相容れないのは、バイエルン州に拠点を置く銀行なので、バイエルン・ミュンヘンとつながっていることくらい。
ブンデスリーガで、バイエルンが勝つと利率が上がる口座とかもあります。
今、絶不調のバイエルン。口座を持っている人は歯がみしているでしょう。。
クリンスマン監督、サッカーがダメでもパン屋があるさ。
d0086063_17533317.jpg

写真は、ドイツ銀行の前でみかけたメントス・バブルガムの広告。
地下鉄からの排気があがってくる場所にとりつけてあって、ぷーっと膨らみます。
しぼんだり、膨らんだり。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-10-07 17:55 | ドイツのこと

重量挙げ、マティアス・シュタイナーの金!

1週間ほど、
ベルリンを離れていました。
ドレスデン、カッセル、フルダから車で……
おいしいご飯やワインも楽しんできました♪
d0086063_15522742.jpg

写真は、フルダでみかけたアイス屋の看板です。
(ご飯は撮る暇もなく食べてしまったので)

ホテルに泊まるとき、楽しむのがTV。
普段TVが無い生活をしているので、口を開けて
吸い込まれるようにTVを見てしまう。
まさにTVは麻薬……やっぱり家にあったらまずい。
しかし、
オリンピックのニュースは面白い!

ドイツも色々ありましたが
いまのところ一番良かったワンシーン、と言えば、
ドイツの重量挙げ選手Matthias Steiner の金メダル!!
床をばんばん叩いて大喜び、トレーナーとのあの喜びよう!
そして、
もともとはオーストリア人なのですが、
オーストリアのスポーツ協会ともめ
半年前からドイツ人のパスをもらい、今回はドイツの金メダルとなります。
また彼は、1年前に交通事故で亡くなった妻がいて
彼女が側についていてくれたから勝った……というストーリー…

中国の新聞などでも大きく取りあげられたようです。

奥さんは重量挙げが好きな人で
彼の話をTVか雑誌かなにかで知って、コンタクトを取り
交際が始まったとか。
重量挙げというのも特殊なスポーツだなあと
オリンピックを見る度に思いますが、
「重量挙げが好き」という女性も居るんですねえ……。
人の好みは色々です。

こちら
ヨーロッパ選手権で全てのメダルを獲得した時の映像です。
こちら
今回のオリンピックのものですが、写真をつないだ映像です
[PR]
by berlinbau7 | 2008-08-21 15:52 | ドイツのこと

ドイツ特集、発売☆☆☆

フィガロ・ヴォヤージュ、
ドイツ特集号が6月20日、発売となりました!
昨冬から、ずっとリサーチを続けてきた
南、北ドイツのオーガニックで優しい&美味しい暮らしや
ベルリンの最新情報を楽しんで頂ける、自慢の1冊です。
よろしければ、お手に取って頂けたら嬉しいです。

フィガロヴォヤージュ ドイツのやさしい暮らし

北や南は、残念ながら同行できなかったのですが
他の方が楽しくサポートして下さっています!
ドイツ好きな方、
これからドイツに行こうかなあと思っている方だけでなく、
オーガニック農業だったり、
手作り好きの方も、興味を持って頂ける1冊だと思います。
食い意地がはっている私は
オーガニック農業村に行って、チーズ工房を訪ねたいなーと
ページを見ながら、よだれが……。
ベルリンで人気のフォークトロニカバンドが
アルバムを描き下ろしてくれた、手作りCDプレゼントもステキです!
音から、ベルリンの空気を感じてみてください。

フィガロヴォヤージュのサイトでご覧頂けます。

d0086063_5135384.jpg

ちなみに表紙は、私の友達のコドモ。
くりくりした赤毛がおかあさんそっくりの
かわいい男の子に、ドイツっぽい民族衣装を来てもらいました。

読んで下さった方、もしご感想を頂くことができれば嬉しいです!
ぜひぜひ、よろしくお願いしまーす!
[PR]
by berlinbau7 | 2008-07-01 05:14 | ドイツのこと

なんでBrutta Italia?

サッカーのイタリアチームを応援し始めてから、
気づいたことがある。

それは、ドイツ人はどうも(サッカーに関してだけだと思うけれども)
アンチ・イタリアだということ。
昨日の、8強入りをかけてのフランス対イタリア戦。
イタリアンレストランまで行く気力が無かったので
近所のサッカーファン御用達スペイン料理屋まで行って観戦したのだが、
イタリアが得点を決めたとき、歓声をあげたのは私たちだけ。
えっ(汗)
フランスの強烈なファウルで背中を抑え、
『アウッ』と大声を上げたカッサーノに対し
『わざとらしい』『ぶー』と文句があがる。
ペナルティエリア内でのファウルにレッドカードが出たら
不満の声を上げている人がいる。

そういえば、ドイツ戦を観た後に、ドイツ人の友達に、次はイタリアを応援しないとと言ったら『なんであんなチームを……』と言われた。
「ドイツチームだって今回つまんないし、応援しがいがないし…イタリアチームなんで嫌いなの?」と聞いたら
『だって、イタリアチームって、マッチョだしー』と言われたのにはびっくり。
まあ、個人的な感情ならば、そういうこともあろう、と思うけれども、
ドイツのプレスの、あまりに「反イタリア」なムードには
驚かされる。
例えば、
ベルリンの新聞「ターゲスシュピーゲル」紙がUEFA欧州選手権に合わせて出した
サッカー特集ページ。
d0086063_6135888.jpg

毎回、前日の試合などから2面ぶち抜きの写真が出るのだが
ドイツ対オーストリア戦の後には「Wir feiern weiter(私たちはまだ祝うぞ)」と旗を振るファンの写真。
d0086063_613864.jpg

オランダは 「Orangene Revolution (オレンジのレボリューション)」と
オレンジ色に染まるファンとチームの試合後の写真が。
しかし、イタリア対ルーマニア戦の後は
イタリアがルーマニアに対してもらったファウルの写真を
ばかでっかくした上で「Brutta Italia(醜いイタリア)」である。
えー、この試合だったら、
まさかのPKをがっつり止めたブッフォンとか、
いくらでも他に良いシーンがあったでしょ?と思う。
d0086063_6123317.jpg

こんな普通のファウルシーンを大きくしてこんなコピーを入れるなんて
ちょっと悪意が感じられないか?
自分がイタリア人だったら、腹が立ちそうだ。
なら、シュヴァインシュタイガーが全然試合と関係無いところで相手チームを殴って
レッドカードを出されたシーンを大きくすれば、
と思ってしまう。

先日新聞で読んだ別の記事。
某大型電気チェーン店(この記事では伏せ字になっていたが、メディアマルクトである)が
UEFA欧州選手権に時期を合わせて展開した、
イタリア人サッカーファン「トニ」が出演するCMが、
イタリア在住&ドイツ在住のイタリア人の抗議にあって、中止になったという話。
金鎖をチャラチャラぶらさげて
「アズーリ」ジャージを来た「トニ」はこんなテキストをしゃべるのだ。
「UEFA欧州選手権だね……ドイツ人は安く買いたがる。
フラットTV、冷蔵庫、ラップトップ。イタリア人は何を買うって?審判だよ
(間)ジョークです。」
Schiedsrichter(審判)をkaufen (買う)というのは
もちろん、裏金を渡してイカサマをするってことだ。
色んなバージョンがあるのだが、
美人店員をナンパするものなど、どれも偏見が感じられる。

Media Markt spot in italiano
ここで見て頂けます(イタリア語字幕付き)

こ、これは……。

イタリア人曰く、サッカーとなるとイタリアは、
ドイツ・プレスの間では、いつもこういう扱い、だという。
それって、何で?
他国のCMでは、よくドイツ人も変な紋切り型で登場し、
笑い者にされているけれども、、、。

何にしろ、次の観戦はイタリアンレストランとか、
おおっぴらに応援できるところに行こう、と心に決めたのでした。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-06-19 06:15 | ドイツのこと

ドラゴンボート

やっと、立て続けだった仕事が一段落。
色んなところに行って、慌ただしい毎日でしたが
ありがたいことに全くストレスフリーで、楽しく過ごしました。

写真は、先週末、フランクフルトのマイン川で行われていた
「ドラゴンボート」競走なる催し。
ドラゴンボートって何だろう?と思ったら
中国風の龍の飾りがボートの先端と後端についている細長い船に、
かなりの人数がのりこみ、さらには先頭に太鼓を積み込んで、音頭をとるというかなり特殊な競技。
盛り上がっておりました。
d0086063_5194717.jpg


そんなこんなで
私が自宅に居ない間、相方がせっせと新居を改装。
壁も天井もぴっかぴかに白く塗り上げ、床張りも始まりました。

続きは、改装日記で!
[PR]
by berlinbau7 | 2008-06-05 05:20 | ドイツのこと

サルスのハーブエキス

d0086063_1643469.jpg

今日、朝目が覚めたらなんと外に雪が降っていました!
ひぃぃぃ〜。

今日からBVG(ベルリン交通)の大規模なストが始まるので
車や自転車で出勤しようと考えた人が多いと思うのですが、雪とは……。
BVGのストは何度かありましたが、
今回は
要求が受け入れられるまで無期限、とのこと。
10日間は続くだろうという予想もあるようです。


さて、
今年の冬は異常な暖冬で、雪はちらついただけ、
1月も2月もうっかり皮のショートジャケット1枚で
出かけてしまう日があるほどに暖かく、
オープンカフェで外に座っている人もけっこういるほどだったのです。
と思ったら、このところは寒の戻りとでもいうのか、
急に冷え込んで、夜はマイナスになる日もありました。
数日前、うっかり薄着で外にでてしまい、風邪ひきに。

また鼻の噛み過ぎで鼻の皮が剥けて来ました……。

体調を崩した時のお助けグッズは
サルスのハーブエキスとハーブティー。
d0086063_165694.jpg

ハーブティーはこちらで紹介しましたが→
ドイツで楽しむハーブティー
エキスは、
朝、朝食前に(朝食の前、胃が空っぽの時に飲むと効果がでるとか?)
お気に入りのリキュール用のミニミニグラスに入れてきゅっと飲んでいます。

1月頭から胃腸がやられている私は、
シトラスミント味の、『腸ケア』と
貧血がみるみるうちに快復した『鉄分』のエキスを
いつも飲んでいます。
これは、妊婦さんから貧血気味の方まで、ドイツでは幅広く愛用されているエキスなのですが、効き目に即効性があるのに自然の素材なので体に負担がかからないのです。
私は毎月血液検査をしているので、
飲み始めた時からのヘモグロビン値の変化が手に取るようにわかりました。

今、『鉄』を切らしているので、お友達に頂いた、『心臓アクティブ』を飲んでいます。風邪をひいた時は、マルチビタミン。
色んな味(というか効用)があって楽しめます。

頑張ってこの『冬』を乗り切ろうと思います!
[PR]
by berlinbau7 | 2008-03-05 16:07 | ドイツのこと

マルコ、良かったね。

ドイツの報道では
今「マルコ・ヴァイス」一色。
マルコは、イースター休暇でトルコに行っていて
そこで、イギリス人13歳の女の子を強姦未遂したということで
そのお母さんに訴えられて、今までトルコの刑務所に
未決勾留されていたという男の子です(17才)。
私は色々考えることがあって、
記事も興味深く読んでいて、
何度も彼について書きたかったけれど、あえて書きませんでした。
女の子側からの話がまだちゃんと出ていない間は書けなそうです。

何にしろ、
クリスマスは刑務所で過ごさなくてすんで良かったね、
という話です。

同じく、事件が起こってからの
続報記事を追って読んでいたのが、
シュレスヴィッヒ・ホルスタイン州、ダリーでの子ども殺害事件。
31歳のお母さんが5人の子どもを殺したという事件でした。

この事件で大きくとりあげられたのは
社会福祉所の対応。
先日、この5人の子どものうち、3人の父親だという人が
ベルリンに来ていて、インタビュー記事が新聞に載っていたのですが
このお母さんは精神的にかなり参っていて、
「子ども達が悪魔に取り憑かれている」と思い込んでいたらしい。
それを心配して、なんとか彼女を助けようとした
この父親は、社会福祉所になんどか連絡し、
さらには、彼女がその「悪魔憑き」について話しているのを
テープにとって、社会福祉所に相談していた。

2人の子どもが通っていた幼稚園の保育士なども
「この子ども達の両親はもういっぱいいっぱいだ」と
何度か警告を出していた。
それでも、社会福祉所は
「この家族は大丈夫」と判断し、なんの対応もしなかったらしい。
この事件は防げたのではないのか?
社会福祉所はちゃんとシゴトしているのか?
ということが、問題になっているのです。
誰の責任、なんてことは私にはわからないけれど、
ドイツのお役所は、ちゃんと調査して、悪いところがあれば
改善されるべきだと思っています。

社会福祉所にお世話になったことはないけれど
外人局のお役所体質にさんざん痛い目に会わされている私は、
なんとなく、ドイツのお役所、に反感を感じてしまうのです。
外人局の場合は、どんなに嫌でもビザが欲しいからと
ぐっと我慢して飲み込んでしまう。
ビザがもらえれば、後で問題を起こしたくないから
少々のことはもう良いかと思って黙ってしまう。
絶対首にして欲しい、と思う人が数名居ます……。

ま、暗い話はこれくらいにして。。
日曜日は、3度目のアドヴェント!
d0086063_16341423.jpg

もう次はクリスマス本番ですよー。時間が過ぎ去るのはあっという間ですね。
友達がクッキーを焼いて持って来てくれました。
お菓子作りがうまい彼は、もちろん自作レシピで
7種類も!作って来てくれました。
砂糖をほとんど入れなかったというカカオ&ヘーゼルナッツクッキー
メレンゲにアーモンド粉とヘーゼルナッツを砕いていれたソフトクッキー
なんかが美味しかったです。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-12-18 16:34 | ドイツのこと

チョコを買うなら、商品テスト財団に聞け?

自分へのクリスマスプレゼントは、
「加湿器」。

必要に迫られて買わねばならなくなったというだけですが。
ドイツに帰って来てから、ドライアイがひどくなったので
購入を考えていました。
どれを買うかは、「エコテスト」誌のテスト結果を参考にして
オンラインで買ってみました。
Petra LB 40 Luftbefeuchter という商品です。
オンラインショップは、「VIP Elektronik」。
不安になるような名前の店でしたが、最安値で対応も良く、わりとすぐ届きました。

「エコテスト/Oekotest」にしろ、
以前、冷蔵庫を買う時にちらりと書いた
「商品テスト財団 Stiftung Warentest」にしろ、
最近、モノを買う前には「テスト」結果をチェックしてから
買うようになっています。
d0086063_1413128.jpg

特に、信頼を寄せているのは「商品テスト財団 Stiftung Warentest」のテスト。
この財団は、1964年にドイツ連邦議会によって創立された消費者団体で、
これまでに7万8千以上の商品を、企業に依存することなく(→ここが重要ですね!)
テストしています。
値段、効果、使いやすさ、耐久性……あらゆる角度から行われる試験は、
専門のラボで科学的に行われるものも。
この前は60〜77%のカカオ含有率の
ダーク・チョコレートのテストがあったのですが
なんと
「オーガニック」のチョコに、毒性のある物質が含まれていることがわかり
「テスト」誌発売後すぐ、その会社(Rapunzel)は
チョコを市場から全て回収しました。
それくらい、雑誌は影響力があるのです。

ちなみにチョコのテスト結果では、Aldiや、 Lidl といった大手の
ディスカウント・スーパーのチョコレートが、上位3位を独占。
高級ブランドの、「Cote d`Or」 「Raush」「Leysieffer」
「Sarotti」のビオシリーズ などは「Befriedigend まあまあ」
「Ausreichend 可」など、厳しい点をつけられていました。

私はチョコレートケーキを焼くときは「Cote d`Or」のダークチョコを必ず選んでいましたが
これは、「味」の点から悪い点がつけられた、2社のチョコのうち1つ。。
もう1つは、「Hachez」のチョコです。

ちなみに、「Rapunzel」のチョコに含まれていたのは、ベンゾ(a)ピレン。
煙草の煙や焦げに含まれる、発がん性物質です。
何がどうやってこんな物質がチョコレートに入ったのか?

また、テストされた25のチョコには全てカドミウムが入っていました。
これはチョコの成分の中にあるそうなんですが、
「Raush」社のものは、1kg中に0.45mg以上(これ、多量なんだそうです)
で、オススメできない、と指摘されています。

この「テスト」を全て信じるわけではないですが、
ついつい、読み込んでしまいますね。
オリーブオイルのテストでも、超高級「バージン・オリーブオイル」をうたう
オイルが、ラボのテストで「バージン」と称することができる製法でないことが
わかり、テスト誌で書かれたことがありました。
このテスト結果で良い結果を出した、安くて美味しいオリーブオイルを、
今でも、私は使っています。

写真は、クリスマスマーケットで撮らせてもらった
飴リンゴを食べる女の子。毒々しい真っ赤なリンゴは、それでも食べたいお祭りの味です。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-12-12 14:13 | ドイツのこと