2008年 12月 15日 ( 1 )

ガス爆発!するとこでした……

知り合いを招いての「鍋」会。

この時期、ご飯を食べると言うと誰とでもいつでも、「鍋」です。
一番よく食べるのが、
鶏のつくね鍋。

鶏の胸肉を
ネギ
生姜のすったの
ごま
味噌

を入れて
がーっとフードプロセッサーにかけると出来上がり。
最後に少し水を入れると、口の中でじゅわっと肉汁が出る
ふわっふわの仕上がりになります。
今回はうどんを打って、
味噌仕立ての「ほうとう」風つくね鍋にしました。
(本日は、昨日の残りのだしを使って味噌煮込みうどん)
d0086063_6214641.jpg

お客も揃って、さあカセットコンロに火をつけようという時、
「もうガスがあんまり無いよ」
と相方。
「えー?数日前に新しいのを入れたばかりだと思ったけどなあ?」
なんだか変だなと一瞬思った物の、
安物のガスボンベだからかな?と疑問にも思わず、スイッチを回したのです。

カチッ
ぼっ!

一瞬でぶわっとカセットコンロ本体内部に青い炎が
メラメラ!!

ひー!
きゃー!!ぎゃー!

みんな慌てたものの、どうしていいかわからず。
1人は窓をばっと開け、
1人は慌てて後ろに下がります。
「皆離れて!」
相方があわててコンロからボンベを取り出し、一瞬窓から放り出すか迷って……
ふーふーと
ガスボンベ本体の口についた火を吹き消しました。

あ、焦ったー。


その後は借りたカセットコンロを使い
とどこおり無く鍋をしたものの、しばらくドキドキはとまりませんでした。
ガスボンベそのものに火が着いたら、
爆発して大惨事になるところでした、大げさではなく、本当に、、。
すぐボンベを捨てたかったのですが、
ボンベを中途半端な状態で捨てると、引火してゴミ収集車の中で爆発することもあるとか。
なんだか、このボンベを家に置いておくのも怖いのですが……

これから鍋シーズン。
鍋はおいしいけれど、
火をつけるときも、そしてボンベを捨てるときも
気をつけないとなあと
身をもって実感させられたのでした……。

火の用心、火の用心!
[PR]
by berlinbau7 | 2008-12-15 06:22 | 食卓のこと