2007年 02月 26日 ( 1 )

善き人のためのソナタがアカデミー賞受賞!

『Das Leben der Anderen(邦題は『善き人のためのソナタ』)』が
アカデミー賞、外国語映画賞を受賞しました〜!

若干33歳の監督、フローリアン・ヘッケル・フォン・ドナースマルク
大喜び!

でも、このアカデミー賞受賞式前には実はひともんちゃくありました。
アカデミー賞授賞式の招待状を4枚もらった監督は
自分の妻、主演のウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホだけを
連れて行くと決定したため
主演女優のマルティナ・ゲデックが、ベルリン映画祭で文句を言ったそうです。
マルティナ・ゲデック、
Elemantarteilchen(素粒子)』で唯一、良いなあ〜と思った女優さんだったので
かわいそう・・と同情してしまいました。

そうかー、監督は
主演女優より、奥さんを連れてくのですね・・。
確かに感動を分かち合いたい相手だというのはわかりますが
主演女優も、同じプロジェクトを立ち上げた人として
重きを置いてくれるべきではないかなあ・・

監督以外の、映画を支えた人たちは
ホテルで映像を見るだけだったそうです。

しかし、
この映画、ヒットしているなあ・・と思いつつ
うっかり見逃しました。
DVDでも借りて来て見たいと思います!
[PR]
by berlinbau7 | 2007-02-26 20:04 | 映画、だいたいドイツ