マイナスの夜

下に書いた

パレスチナのデモにトルコ人が多くでていたのは何故?
という質問にいろいろお返事頂きました!
イスタンブールなどでもデモが起きているそうです。

ドイツのトップニュース
をご参照下さい。

イスラム教徒だから、というだけで連帯感があって
あれだけ激しいデモを一緒にするという感覚が
無宗教の私にはなかなか、理解できないなあと思いました。
d0086063_20373821.jpg

さて、昨日はマイナス20度!近いらしい、という寒さをおして
市川崑監督の「炎上」を観に行きました。
パシュミナ&カシミアのマフラー2枚重ね
ワコールのあったか下着
指付き靴下3枚履きに厚底ブーツ
という相当モコモコの格好で、
雪をしゃくしゃくと踏み砕きながら、映画館に向かいました。

うーん………。
三島由紀夫の「金閣寺」から発想しつつも、まったく違う映画をと
撮ったものらしいですが、
そのわりには、変なところが残ってて、
私が「金閣寺」で重要なイメージなのでは?と思った
鍵となるようなイメージやエピソードが無くなってて、
なんだかまったくもって不完全燃焼な映画に感じられました。
なぜ、
女性の姿を南禅寺の上から見かけた、というエピソードが残っていて
乳とお茶のシーンが無いのか?
友だちが死んだことは入っているのに、
彼が実は自殺だった話はないのか?
特に、
GIが連れていた娼婦の、意図的にお腹を踏む(原作)が
うっかり突き飛ばす(映画)ことになってたり、
売春宿に行くが、そのまま帰る(映画)など
主人公の、溝口がすごく純真な少年のように描かれているのが残念でした。
特にラストシーンががっかり……。

市川雷蔵がかっこよかったから、まあ良いか。
[PR]
by berlinbau7 | 2009-01-06 20:37 | 雑談


<< ベルリンがテレビに登場します☆ パレスチナ人のデモ >>