紅茶入り・ボルボローネ

クリスマス時期はいつも危険です。
何より怖いのは、
クリスマスのお菓子。
d0086063_230342.jpg

美味しくて、
たっぷり甘くて、
しかも色々あって、量も多い……。

今年私が初めて作ってみて好評だったお菓子は
「ボルボローネ」です。
福田里香さんのレシピを元に、
ちょっと配合などをアレンジしました。

夕食会に、バニレ・キプフェル(ドイツの定番クリスマスクッキー。
アーモンドの粉を使った、三日月型のクッキー)を作ろうとしたのですが
バニラと卵がない。
何か、バニラの代わりに香りをつけられるもの……と
思って手に取ったのが、アールグレーの茶葉でしたが
これがヒットでした!

バター         80g
砂糖          30g
アーモンドプードル   80g
小麦粉・405      40g
紅茶葉(アールグレー)大さじ1
まぶす粉砂糖     20g


粉とアーモンド粉を天板に広げて
150度のオーブンで10分焼く。


室温に戻したバターと砂糖をすりまぜる。
すこし刻んだ紅茶の葉を加えて
1を加えてさっくりまとめる。


1時間冷蔵庫で寝かせる。


柔らかい生地なので、型抜きは無理。
適当に四角に切る(2〜3cm四方とか)
150度で焼く。
20〜25分、様子を見ながら、こんがり焼き色がついたら完成。


焼き上がったら粉砂糖を振りかける。

ポイントは粉を焼いてグルテンを出さないようにすること。
ここからほろほろっ、
口の中ですうっと溶ける
やわらかーくて甘い口当たりが生まれます。
甘めなので、エスプレッソとか濃い紅茶に合わせてどうぞ。


ボルボローネは作っても作っても、
あっという間に無くなってしまい、写真が撮れませんでした……
というわけで、
友人が作ってくれたクリスマスクッキーを。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-12-19 23:01 | 食卓のこと


<< 直径55cm 川喜多かしこさんに捧ぐ。 >>