ドイツのワイン。

先週、
ドレスデンから足を伸ばし、マイセンからちょっと行った所にあるワインシャトー「シュロス・プロシュヴィッツ」を訪問してきました。
最近はここのワインは、ベルリンでも簡単に手に入るので
何か違う物を……と思って見つけたのが
バルサミコ酢。
ねっとり濃厚で甘くて、ちょっと燻製のような香りがあります。
これを肴にワインを飲もうというのが、昨晩のテーマ。
d0086063_18404080.jpg

パンはシンプルなチャバッタを焼いて、
飲める方を呼んだので、大好きな白ワインを開けました。
Mueller Catoir
1744年から続く、プファルツ地方のワイン農家のものです。
いろんなところで飲んで、気に入ったので買ったのですが
私は量があまり飲めないので、なかなか開けられずにいたもの。
すっきりしてちょっとスパークリングのような、飲みやすい白ワインでした。
(2004年のリースリング)
ドイツはリースリングで有名で、
リースリングだけじゃない、他のもがんばってる!とは言われるけれども
リースリング、やはり外れなく美味しいし、下戸には飲みやすくて嬉しいのです。
ちなみに、プロシュヴィッツのものではゼクト(スパークリングワイン)が
夏にぴったりで飲みやすい(危険)。

リースリング、パン、バルサミコ、パン、リースリング、パン、パプリカのマリネ、
オリーブのペースト、リースリング、パン、バルサミコ、松の実のペスト……。
次、次と永久運動のように飲み、食べてしまう組み合わせ。
いつの間にか赤ワインも開いて、
夜は更けていくのでありました。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-08-30 18:38 | 食卓のこと


<< プチ韓国旅行? Gung Jeon タンポポ料理2種。 >>