なんでBrutta Italia?

サッカーのイタリアチームを応援し始めてから、
気づいたことがある。

それは、ドイツ人はどうも(サッカーに関してだけだと思うけれども)
アンチ・イタリアだということ。
昨日の、8強入りをかけてのフランス対イタリア戦。
イタリアンレストランまで行く気力が無かったので
近所のサッカーファン御用達スペイン料理屋まで行って観戦したのだが、
イタリアが得点を決めたとき、歓声をあげたのは私たちだけ。
えっ(汗)
フランスの強烈なファウルで背中を抑え、
『アウッ』と大声を上げたカッサーノに対し
『わざとらしい』『ぶー』と文句があがる。
ペナルティエリア内でのファウルにレッドカードが出たら
不満の声を上げている人がいる。

そういえば、ドイツ戦を観た後に、ドイツ人の友達に、次はイタリアを応援しないとと言ったら『なんであんなチームを……』と言われた。
「ドイツチームだって今回つまんないし、応援しがいがないし…イタリアチームなんで嫌いなの?」と聞いたら
『だって、イタリアチームって、マッチョだしー』と言われたのにはびっくり。
まあ、個人的な感情ならば、そういうこともあろう、と思うけれども、
ドイツのプレスの、あまりに「反イタリア」なムードには
驚かされる。
例えば、
ベルリンの新聞「ターゲスシュピーゲル」紙がUEFA欧州選手権に合わせて出した
サッカー特集ページ。
d0086063_6135888.jpg

毎回、前日の試合などから2面ぶち抜きの写真が出るのだが
ドイツ対オーストリア戦の後には「Wir feiern weiter(私たちはまだ祝うぞ)」と旗を振るファンの写真。
d0086063_613864.jpg

オランダは 「Orangene Revolution (オレンジのレボリューション)」と
オレンジ色に染まるファンとチームの試合後の写真が。
しかし、イタリア対ルーマニア戦の後は
イタリアがルーマニアに対してもらったファウルの写真を
ばかでっかくした上で「Brutta Italia(醜いイタリア)」である。
えー、この試合だったら、
まさかのPKをがっつり止めたブッフォンとか、
いくらでも他に良いシーンがあったでしょ?と思う。
d0086063_6123317.jpg

こんな普通のファウルシーンを大きくしてこんなコピーを入れるなんて
ちょっと悪意が感じられないか?
自分がイタリア人だったら、腹が立ちそうだ。
なら、シュヴァインシュタイガーが全然試合と関係無いところで相手チームを殴って
レッドカードを出されたシーンを大きくすれば、
と思ってしまう。

先日新聞で読んだ別の記事。
某大型電気チェーン店(この記事では伏せ字になっていたが、メディアマルクトである)が
UEFA欧州選手権に時期を合わせて展開した、
イタリア人サッカーファン「トニ」が出演するCMが、
イタリア在住&ドイツ在住のイタリア人の抗議にあって、中止になったという話。
金鎖をチャラチャラぶらさげて
「アズーリ」ジャージを来た「トニ」はこんなテキストをしゃべるのだ。
「UEFA欧州選手権だね……ドイツ人は安く買いたがる。
フラットTV、冷蔵庫、ラップトップ。イタリア人は何を買うって?審判だよ
(間)ジョークです。」
Schiedsrichter(審判)をkaufen (買う)というのは
もちろん、裏金を渡してイカサマをするってことだ。
色んなバージョンがあるのだが、
美人店員をナンパするものなど、どれも偏見が感じられる。

Media Markt spot in italiano
ここで見て頂けます(イタリア語字幕付き)

こ、これは……。

イタリア人曰く、サッカーとなるとイタリアは、
ドイツ・プレスの間では、いつもこういう扱い、だという。
それって、何で?
他国のCMでは、よくドイツ人も変な紋切り型で登場し、
笑い者にされているけれども、、、。

何にしろ、次の観戦はイタリアンレストランとか、
おおっぴらに応援できるところに行こう、と心に決めたのでした。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-06-19 06:15 | ドイツのこと


<< ハリボーベアーもドイツを応援? ヨアヒム・レーヴ、吠える!退場! >>