ヨアヒム・レーヴ、吠える!退場!

UEFA EURO 2008、UEFA欧州選手権、
ドイツが、生き残りをかけて戦ったオーストリア戦。
もともと、引き分ければ次に上がれるということ、
また、開催国でもあるオーストリアがあまり強くないチームでもあったので
ミヒャエル・バラックのフリーキックはすごかったけれど、
もりあがりとスピードにかける試合だった。
新聞にも
『Rumpelfussball』がたがたサッカー
なんて書かれていました

が!

試合のフィールド外で盛り上がっていたんですよ。

選手じゃなくって、
監督たちが……!


シュバーベン訛りのコメントが楽しい(?私にだけか)
ヨアヒム・レーヴ監督ですが、
前半も終わりに近づいてきたところで
オーストリアの監督と、何事かで激しい言い争いをして
主審から、退席処分を受けてしまったんですね。
フィールドから追い払われた2人。
レーブ監督は、観戦にきていたアンゲラ・メルケル首相と握手を交わして
前の試合でレッドカードを受けたシュヴァインシュタイガーの隣に座って
渋い顔。
レッドカード・コンビ。
なにやってるんだかー。

彼の退席には、大画面で見ていた観客たちも
大盛り上がりでした。
また、メルケル首相が写るたび、うぉーと盛り上がってもいましたが
d0086063_18464656.jpg

次のポルトガル戦は、もうちょっと頑張って欲しいですね。

街には相変わらず、ドイツの旗がはたはたと。
旧東独の旗も、やっぱりあります。
d0086063_1847509.jpg

[PR]
by berlinbau7 | 2008-06-17 18:48 | ベルリンのこと


<< なんでBrutta Italia? 第5回ベルリンビエンナーレ、終わる。 >>