『Die Faelscher(ヒトラーの偽札)』、外国語映画賞を受賞

昨年のベルリン映画祭で見た
『Die Faelscher(邦題は、『ヒトラーの偽札』)』が、アカデミー賞の外国語映画賞に選ばれました!私が見た感想(といってもあまり書いてませんが……)はこちら→『Die Faelscher』

前回の『Das Leben der Anderen(邦題は、『善き人のためのソナタ』)』に引き続きのドイツ映画の受賞で、ドイツのメディアは湧いています。
しかし、その反面『ああ、またかー』
『結局、こういう映画が選ばれるんだよね』という反応です。
もともと、この映画がノミネートされた時から、外国語映画賞の選出の視点が偏っているという指摘がありました。選ばれるべき映画が、選ばれていないという、映画評論家の意見などが新聞に載ったりして。
アカデミー賞の裏側など、私はわかりませんが、個人的には面白くなかったので、へーそうかーという感じ。

でもこれを機会に、日本でもドイツ映画の上映が増えて、ドイツ映画が盛り上がると良いなあと思っています。
[PR]
by berlinbau7 | 2008-02-25 16:46 | 映画、だいたいドイツ


<< 美味しいドイツ料理はドコにある? 危ない洋服、続報。 >>