ベルリン映画祭、チケット販売いよいよ開始!

ベルリン映画祭のチケット販売が昨日から始まりました!
d0086063_21112463.jpg

私が本日10時頃にポツダム広場で見た限りでは、特に昨年と比べて多くもなく、少なくもなく。
売切れているものはちょこちょこ有る、と言う感じ。
10〜20時までのチケット販売は、
ポツダム広場、ハウス・デア・ベルリナー・フェストシュピーレ、
キノ・インターナショナルなどで行われています。
オンラインチケットは1、5ユーロ、普通のチケットより高いですが
ずらりと並ばなくて済むのはそれなりに楽。
ただ、チケットはプリントアウト形式ではないので
結局ポツダム広場のチケット・ピックアップカウンターで
もらわないと行けないので、ここで待たされる可能性もあります。

ドイツ鉄道のオンラインチケットみたいに、
バーコード付きのプリントアウト形式にできないものでしょうかねー。
そしたらもっと楽なのに。


今年のベルリン映画祭には、オンガク系の映画(とくくっていいのかしら?)が色々あるようです。
コンペのオープニング映画は
マーティン・スコセッシ監督が撮るローリング・ストーンズ。

さらに、パティ・スミスを写真家のSteven Sebringが撮りおろしたドキュメンタリー映画(サンダンス映画祭がプレミアでした)。ギャラリーartMbassy で今回の映画に関連するSteven Sebringの展覧会も同時開催しています。

それから、
ブラーのデーモン・アルバーンが出演する
「ゴリラッツ」のドキュメンタリー?映画「バナナッツ」。
マドンナ監督作「フィフス・アンド・ウィズダム」
など。

さてマドンナは来るでしょうか?ストーンズは?
グラマラスな映画祭、を目指すコズリックさんの思惑は当たるでしょうか?

私は、日本映画、渋いドイツ映画、それからショートフィルムやキンダーフィルムに
掘り出し物が無いか?ちょっと見に行ってみようと思っています!
[PR]
by berlinbau7 | 2008-02-06 21:12 | ベルリンのこと


<< ベルリン映画祭の音楽映画/オル... 危ない洋服。 >>