クリスマス・イブでございます。(映画祭プチ情報)

昨日はクリスマスマーケットを見にポツダムまで遠征。
d0086063_2142113.jpg

というのは、ベルリン内のクリスマスマーケットがどこも結局、ドングリのせいくらべで、チェーン店化していて、違いがなく面白くないので、ポツダムまで行けばちょっと違うものが見られるかしら?と思ったからです。
しかし、残念ながら……。
売り子さん、マーケット企画者側の愛が足りないよー!
ある意味面白い部分もありましたが
(この恐ろしい顔の人形とか↓)
d0086063_214028.jpg

それはおいおいHPの方にアップしたいと思います。

写真は、ポツダム中央駅前にいた、ホームレス新聞売りのお兄さんと
その相方(サンタクロース)。
d0086063_2132398.jpg


毎年色々見た中で、今のところ一番のお気に入りは
Domaene Dahlemのクリスマス市。養蜂所があってそこでミツロウのクリスマス飾りを作ってたり、ワークショップが充実してて、真ん中にどーんと農場があったり、
ちょっと他と違う感じの趣向なのが気に入っています。(入場料有りですが)

本当はその、ロマンチックなクリスマスマーケットの写真で
24日のクリスマスイブをしめようと思っていたのですが、
そうも行かなくなってしまいました。
今月12月は1日から毎日更新し、
『毎日1つクリスマス風景』をやってみました。

毎日、ご覧頂いていた皆様、ありがとうございます!
今年はとりあえず、本日まで。また来年、よろしくお願いいたします。


で。

来年のことを考えると鬼が笑うとは言いますが。
毎年、年末に考えるのが来年頭(2月)開催のベルリン映画祭のことです。
来年度の審査員長にはコスタ・ガヴラス監督。

コンペ参加作品に今のところ決定している8作品は
「花見」(Doris Doerrie監督(「Der Fischer und seine Frau」など。また日本が舞台。
実のところ私のまわりで非常に不評だったので見に行かなかった映画なのですが、
一応見ておいた方が良いかと迷っているところです。))
「There Will Be Blood 」(ポール・トーマス・アンダーソン監督。「マグノリア」など。)
「Zou You(左右) (In Love We Trust) 」(王小帥監督。「北京自転車」など。)
「Lake Tahoe」(フェルナンド・エインビッケ監督「ダック・シーズン」など。)
→ちょっと気になっています。
「Gardens of the Night 」(ダミアン・ハリス監督。「幸せの向こう側」など。)
「Katyn」(アンジェイ・ワイダ監督の新作。コンペ外。)
「Tropa de Elite (The Elite Squad) 」(ジョゼ・パリージャ監督(「バス174」など))
→ちょっと気になっています。
「S.O.P. Standard Operating Procedure」(エロール・モリス監督「死神博士の栄光と没落」「フォッグ・オブ・ウォー/マクナマラ元米国防長官の告白」など)

すべてが出そろうのは1月中旬。
日本からの作品がでると良いなーと願ってます。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-12-24 21:05 | ベルリンのこと


<< あけましておめでとうございます。 ベルリン13年ぶりの2ツ星訪問。 >>