ベルリン13年ぶりの2ツ星訪問。

ベルリンなんと13年ぶり、3回目(涙)

『2ツ星』
フィッシャーズ・フリッツのランチに行って参りました。
友達と4名で行って、できるだけ色々食べてチェックしようという試み。。
3皿35ユーロナリ。やりすぎないクリスマス飾りがいい感じ(鹿は私物です)
d0086063_19153298.jpg

ベルリンお値段で、決してお安くない。

前菜、
友達の選んだ『ゴボウのサラダと温泉卵(Onsenei)のサラダ』
うまし。ゴボウを皮の部分を残してカリカリに揚げたのと、
茹でたものの組み合わせがよくて
それにとろりと温泉卵を絡めると、
すっごく良かった。
土の味がほのかに香って、温かい卵のソースがそれを包み込んで。


私の頼んだ、『チョウザメのカルパッチョ』は
シトラス系のソースが良かったけど、全体的に普通。
他2名が頼んだ、
『薫製ウナギのタルタル』も悪くないけど絶品というほどではない。

主菜、
私が頼んだ、『カレイの焼いたの、辛子ソース』は衣が?
あまり好きでなかった。
しかし、友達が頼んだ
『イワナのソテーに高級な日本のキノコ、ベーコンソース添え』
はこれまた絶品!
エノキダケや、シメジが、『高級なキノコ』かどうかは
まあおいておいて、
大体煮たり炒めたりが多いこのキノコが
カリッカリに火を通されて出てきて新鮮だった。
イワナの身がほろほろ柔らかくて、ベーコンの香りと濃厚な脂、
塩気が強めのソースによく合ったこと!
他2皿。
まあ、フツウ。
しかし、どれも魚の火の通り具合は抜群だったこと
また、添えられた5種類くらいあるパンがどれも絶品だったことを追記。

d0086063_19155625.jpg

デザートはさんざんまよって
『栗のアイスにふわふわのオレンジクリームに、
チャイのスパイスたっぷりの泡』。
とにかく、
ぷるっぷる。ふわふわ。
注文が来てからしばらく、グラスをゆらして楽しんだ。
あわがとにかく柔らかくて、甘いけど
スパイスも利いてるので、後口がよくて美味しかったけど
惜しむらく、栗が固かった。
しかし、この注文も、また友達の注文には負けてしまった。
『中からとろーりとろけるチョコレートが出て来るチョコケーキに
チコリのアイス、イチジクのチャツネ添え』。

この、チコリのアイスが!!
なんともいえない香ばしい味わい(チコリは代用コーヒーとしても有名)。
イチジクのプチプチ感と、濃厚な甘味がまた
さっぱりしたアイスに合う!
チョコレートケーキもとろりと美味しかった。

外れなし!というわけではないのが残念だけど
美味しいのが当たれば、2ツ星も納得のお味。
d0086063_19161891.jpg

個人的には、メインとデザートの間に出てきた
『グリューヴァインのムース、ペファークーヘン添え』がお気に入りでした。
甘酸っぱいムースが、スパイスたっぷり、グリューヴァインが染みた
クッキーに合う!

でも、個人的にせっせと通うか、と問われたら、
頭をナナメにふってしまう。
私の好きな味を出す、お気に入りの大事なレストラン、お財布に優しくかつ、味わいも◎なレストラン、はまだまだある。
美味しいものは食べたいけど、基本的にはサービスがざっくらばらんで
お財布に優しい店が好きだし。
私の基準は、自炊との比較なので(値段と手間と味において)

あ、でもココのホテルのティーサロンで飲んだお茶と
クッキーはすっっっっごく美味しかったです!!!
お茶についてきたクッキーを食べ尽くしたあげく
『クッキーだけ売って下さい』と思わず頼んでしまう程でした。
チョコクッキーとか、濃厚なのに、甘ったるくない!
コーヒーやお茶とあわせると、どんどんいけてしまう!
自作より美味しいクッキーは、
ベルリンではという但し書きつきで、実はココが初めて。
(クッキーはやはり自作がなんだか美味。自分好みの味だから?日本ではPasticceria Isooのが感激の美味しさでした。自作では決してたどりつけない味)
パティスリーのテイクアウトコーナー作って下さい!とお願いしてきました。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-12-23 19:24 | 食卓のこと


<< クリスマス・イブでございます。... 怖いクリスマス。 >>