レープクーヘンで、魔女の家を作る。

じゃーん!
d0086063_1154175.jpg

今年はこんなのを作りました。
最近、新居に鹿の角を集めては飾っている友達にプレゼントするので
鹿がついてます。
カワイイ!というか、ロウソクの光が下からあたって「ブレアウィッチプロジェクト」
になってます。怖いです。

これは、Schleich-tierという、ドイツのいい感じの動物ミニチュアモデルを作っている
会社の「鹿」を買ってきて、相方がカットし、取り付けています。
(このミニチュアモデルはすごく良いです。自然史博物館などでもけっこうな種類
が揃います。人間バージョンもあるのですが、「サーカスの曲芸馬用」など
マニアックな姿勢のものもあって面白い。)

首が無くなってしまった鹿ちゃんがかわいそうかなと思ったのですが
これはこれで、欲しいという奇特な友達が居たので
プレゼントすることにしました。

本体は薄く焼き上げたレープクーヘンで出来ていて、固めのアイシングで固定し
アイシングのつららと、マジパンの雪だるま(裏手にいるので写真には写っていません)鹿は後つけ。
クリスマス前にパン屋とかでもよく売ってますが、たいてい前庭には
魔女と、男の子と女の子がいますね。ヘンゼルとグレーテルかな?
「松竹梅」の竹の抜き型で作った植木もつけました。
故郷の大雪が恋しいという、友達のためにたっぷりとアイシングを使い
粉砂糖で雪をふらしました。かわいくできたのは良いのですが、どうやって運ぶかが
大問題です。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-12-20 11:11 | 食卓のこと


<< お財布のひもを絞めて……。 わたしの本棚(2007年、漫画編) >>