クリスマス、罵倒する表現を学ぶ。

昨日、近所のエコスーパーに立ち寄ったところ
スペクラチウス(ドイツのクリスマスクッキー。薄い人型でカワイイ)をくれて
クリスマスツリーに願い事を書いてくれませんか、と頼まれました。
「七夕みたい」と思いながら願ったのは、
今日手術をされる知り合いの方の、手術の成功。
店員さんも紙にちらりを目を落として、
「僕も親指を押すよ
Ich druecke den Daumen(成功を祈る、という意味があります)」
と言ってくれました。

d0086063_1747454.jpg

……ドイツ語の表現が出て来たので、続けてもうひとつ。
下に書いた、シャルロッテンブルク宮殿前のクリスマスマーケット
バスがとても混んでいた話を書いたのですが、
ここで、ぎゅうぎゅうの車に
ベビーカーで乗り込んで来た父子に、感じの悪いでぶでぶのおばあちゃんが
ベルリーナー訛りで一言
「Bleibt in der Kiste」(箱に入ってな→ベットで寝てな、という意味があるらしい)。
その言葉にかちんと来たお父さんと、
彼を応援する乗客、おばあちゃんの間で言い争いが始まりました。

帰ってからその話をして
「子連れの人を、ただベビーカーを持っていただけであんな言い方するなんて!
私もおばあちゃんになんか言ってやりたかった!」

言ったところ
この場合に適した(といって良いのか?)
「箱」を使った罵倒言葉だったら
「Geh in die Kiste」というのがあるよ、と教えて頂きました。
ここで言う「Kisteー箱」は棺桶、でございます。
かなりハードな罵倒となるので、よっぽど相手に酷いことを言われた時にだけ
使いましょう。

私は、
もちろん、
言えませんでした。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-12-11 17:53 | ベルリンのこと


<< チョコを買うなら、商品テスト財... 今のところ、ランキング1位!の... >>