ドイツの熱、日本の熱。

気付いたら1週間あまりもご無沙汰してしまいました〜。

友達が1日から遊びに来てくれたので、
それまでにシゴトを片付けようと頑張りました!

遊んでいる間は楽しくって、元気全開、
漫画の話で6時間話しこむほど
だったのですが
(ドイツに来てくれた友達を日本の漫画に巻き込む不届きもの。。
でも、読みたい漫画リストがまた増えました〜。)
友達がベネツィアに発ったとたん、熱、喉の痛み、吐き気、寒気の典型的な風邪症状。
昨日は朝まで仕事をした後、倒れ込んでおりました。

病気になって熱を出す度に思うのですが
ドイツ人の「熱」と日本人の「熱」のラインはかなり違います。
私は平熱が35度1分(ひどいと34度9〜8分)なので、
36度9分とか出ると、充分辛いのですが
ドイツ人の平熱は36度6分とかだったりして、
「36度9分もある!」というと
「そんなのフツウ」という扱いをされたりします。
病院でも、まずは平熱の説明をしてから熱を言わないと、
「熱がある」といっても取り合ってもらえなかったり。
「ああ、ちょっと熱いですね」みたいな。
36度以内なら、日本でも、微熱扱いですけれども・・。


面白い展覧会や、「アート・フォーラム」も見たし
で色々書きたいことがあるのですが、今日はとりあえず養生しようと思います。

皆様も風邪には気をつけましょう〜。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-10-06 12:32 | ドイツのこと


<< 長らくご無沙汰しておりますが・・ ニホンジン・デスカラ。 >>