ニホンジン・デスカラ。

わけまろさんが
紹介していたネタが個人的にほぉーと面白かったので
ご紹介。

外国人が「日本に長く居すぎてしまった」
と実感するのはこんなとき
というネタなのですが →らばQ

私は
「7年もドイツにいるのに、日本人ぬけないなー自分」
と思って読んでました。

7。TV番組で一番いいのはコマーシャルだなと思うとき

なんでドイツのコマーシャルはこんなにつまんないんだ!
コマーシャルこそTVの醍醐味
って思って、YoutubeでまでCM見るような自分。

16。電話中にお辞儀している自分に気づくとき。

いつもしてます。
自動的ってくらい。携帯でも家の電話でもしてしまう・・。
ドイツ人と話してても日本人と話してても・・。。。

55。1つの会話につき3回ずつ謝罪している自分に気付くとき

ドイツ語では絶対変なのを頭ではわかっているが、
人に会うと、口から
「すみませーん」と言う言葉がでる。
で、ドイツ人の友達から「何にあやまってるの?」と
つっこまれる。

でも、日本人がぬけない自分に、安心している気もします。


36。包装紙

これは、日本に行くと落ち着かなくなってしまうものの1つ。
「いいんです、そのままで!」と思わず言ってしまって、驚かれたことがあります。
ドイツ人がでも、逆に、綺麗な包装紙に敬意を払わないのが悲しいことも。

11。ガソリンスタンド

車に乗らないので知りませんが、
日本に行ったことがある友人は皆声を揃えて
「あれはスゴイ!」って言いますね。


・・・ああ今日も雨のベルリン・・
でも天気が良いと、毎日家にこもってシゴトしているのが
うらめしいので、それなりに良いとも言えます。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-29 21:31 | 雑談


<< ドイツの熱、日本の熱。 ドイツの童話って、美味しいです。 >>