抹茶シフォンとねじまき鳥

持ち寄りでパーティをしました。
d0086063_611419.jpg

みちえさんのレシピで作る「茄子のマリネ」は
大好評であっという間に無くなりました。

後は、
いつも作る「ガトーショコラ」
(ココアと、アーモンドプードル、チョコレートで作る物で
粉はいっさい入らない、しっとりケーキ)
「オレンジケーキ」
(丸ごとのオレンジを茹でて作るケーキ)
そして、
抹茶シフォンケーキを作りました!
d0086063_612757.jpg

バターを加えず、メレンゲでふわふわ〜〜〜に仕上げるシフォンケーキ。
生クリームを添えて食べるものだし、
ドイツ人は絶対好きだろう!と思って焼いてみたのですが、
「こんなにふわふわ、しっとりのケーキは食べたことが無い!」
「きめ細やかな生地ですごい〜!」
「どうやって作ったの?!」
と大好評でした!

日本ではけっこう街でみかけるシフォンケーキですが、
「ふわっふわ」で軽い、シフォンケーキは
「どっしり重た〜い」ドイツの「ケーキ」という考え方に
あてはまらないからなのか、ドイツでは見かけないのです。
「シフォンケーキ」という言葉自体、通じません。

「スポンジケーキ(と言う言葉はドイツにはありません。
フランス語ですが、ビスキュイというと大体通じます)なの?」と
聞かれたのですが、
スポンジケーキって、別立てでも、卵黄と卵白の数が大体同じで、
油脂はバターを使うし、微妙に違う・・?
何にしろ、好評だったので、また作りたいなあと思ったのですが、型が無い!
今回は、日本から持って来た紙の型を使ったのですが、こちらでは型が売っていない
ので、また作ろうにも作れないのです。
スポンジ型でも、紙コップでも作れると言う話でしたが、
日本に帰国したら、シフォン型を買ってこなくては・・。

抹茶シフォンには
マジパンで作った「煙突掃除人」「豚」「四葉のクローバー」という
ドイツの幸福を運ぶ三種の神器を
添えました。
煙突掃除人の服は本来は黒なんですが、黒が無かったので、
青に芥子の実を混ぜてみました、が、失敗でした。
マジパンの粘度が下がってしまい、整形が難しくなってしまったのです。
ココアを使えば良かった・・と後で後悔。
マジパン人形作りは、もっと修行が必要なようです。

シフォンケーキに適当に生クリームを盛って、豚を乗せて
はしごをかけて「煙突」っぽくしたのですが、
ドイツ人は「これは村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」に出てくる井戸のような
イメージか。」と勝手にすごい深読みしてくれました。

「ハルキ・ムラカーミ」はドイツでも大人気。
多分、日本人作家の中ではダントツに知名度が高いのではないでしょうか。
先日、郵便局に切手を買いに行ったら
「君は日本人か?私は村上春樹の大ファンなんだ。「ナオコの微笑み(「ノルウェイの森」のドイツ語版タイトル)」や「羊男とのダンス(「ダンス・ダンス・ダンス」のドイツ語版タイトル)」が面白くて・・」ととうとうと、郵便局員さんが話を始めました。
私は、一人称の「僕」が日本語で読むとなんとなく気になってしまい(特にエッセイ)
あまり読まないのですが、それがドイツ語だと無くなるので、
ドイツ語で読んだ方が、違和感が無い感じがしました。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-24 06:11 | 食卓のこと


<< ドイツの童話って、美味しいです。 りんごの季節、サラダ油の謎 >>