ササクレヒトヨダケ、発見。

昨日は久しぶりにお友達を家に呼んでの夕食会をしました。
秋らしく(ベルリンは最高気温11度とかの日が続いております)
ツヴィーベルクーヘンとフェダーヴァイサー。
タマネギケーキと、まだ発酵中のワインです。

さて、材料を買いに、スーパーに行って驚いたこと。
バターが高い!
6月から、ドイツは一斉に乳製品の値段が上がったのです。
普段バターもチーズもクリームも買わない私は、まったく気づかなかったのですが
15%増はけっこうな増加です。
乳製品の価格アップをうけて、パンの値段もあがるとか。
なかなか厳しくなってきました。

d0086063_023521.jpg

逆に安くなったのはキノコ。
今年の夏は雨が多かったので、キノコがもりもりと出ているそうで、
キノコの値段が例年に無く安いそう。
写真は、うちの裏庭にモコモコと生えてきたキノコです。

あからさまに危なそうだと思ったので、調べてみました。
日本のキノコのサイトではみつからなかったのですが、
ドイツのサイトで見てみたら、すぐ見つかりました!
「Schopftintling」
日本語ではササクレヒトヨタケだそう。
傘がほんと、ササクレだっているんですね。
サイトによれば、食用キノコだとあります。
しかも美味しいらしい。

でも素人には、キノコはちょっと怖いですよね。
後、ゴミ捨て場裏の庭に生えているというのがちょっと・・
いや、食べませんよ。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-17 00:25 | 食卓のこと


<< りんごの季節、サラダ油の謎 「ヘルタースケルター」ドイツ語... >>