「ヘルタースケルター」ドイツ語版、翻訳の技

「ヘルタースケルター」ドイツ語版を読んでみています。
日本語版を読み込んでいるので、ドイツ語版を読んでも
頭に浮かぶのは日本語のセリフ・・。
うまい!と思ったのはこんな翻訳です。

「あの番組 真夜中の「テツコの部屋」って言われてるのよー」

テツコの部屋、と言われても
ドイツ人がわかるわけがありません。
ということで、


「あの番組 真夜中の「オプラ・ウィンフリー」なのよ」

アメリカの超有名トーク・ショー「オプラ・ウィンフリー」
徹子の部屋、みたいに司会者の名前がついているのがポイント。

う、うまいです!


「あなたがくださるならグリコのおまけでもいいわ」

グリコとか、徹子とか、日本人ならぱっと分かる、
でも外国ではそのままにしたら決して通じないニュアンス。
さあ、どうする?


「キンダーサプライズのでもいい」

なるほど!
「安価なお菓子のおまけ」という点をしっかりおさえてます。


ちなみに、
その前に出てくる
「ヴァンクリ」は略でなく「ヴァン・クリーフ」になっていました。

読んでいて違和感があるのは、
書き文字ですね。
犬の鳴き声とか、ドアを閉める音とか、統一されたフォントになっているので
絵にあまり合ってない感じ。
でも絵に合わせて描き下ろすわけにもいかないですものね。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-13 17:09 | ドイツのこと


<< ササクレヒトヨダケ、発見。 岡崎京子のヘルタースケルター、... >>