ドイツ、フランスの漫画状況に驚く。

オタクの部類に入る程漫画が好き☆

ベルリンでも色々持っていますが,残念なのはやはり、
自分が好きだと思う漫画を読んでもらえないこと。

相方も絵だけ眺めて気に入っていた
花輪和一の「刑務所の中」の短編を1つ、ドイツ語訳してみたものの断念。
ふと思いついて、フランスのアマゾンを覗いてみたら、あるわあるわ。
「漫画」で747冊がヒットしました!
しかもマニアックな物もある〜!

というわけで、
フランス語版の「刑務所の中」を注文してみることにしました。

ドイツとフランスのアマゾンを比較すると
面白かったのは、
まず、どの作家を翻訳するか、ということはもちろん、
同じ作家でもどの作品が翻訳されているか
の違いがけっこうあることです。

松本大洋なんかは、
フランスでは「ピンポン」「ナンバーファイブ 吾」
「ゴーゴーモンスター」が訳されていて、

ドイツでは「青い春」「鉄コン筋クリート」「ナンバーファイブ 吾」という感じ。
微妙に国民の好みが違うということ?

しかし、フランスでは諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズまで訳されててびっくり。
日本でもマニアックでしょ・・。
1巻は面白かったですが、個人的には中国の伝説物のほうが
訳されていたら買ったかなー。

すごく沢山翻訳(ドイツ/フランス共に)されてて驚いたのが
よしながふみ。
「大奥」が翻訳されてれば面白いかなと思ったのに、他の物ばかりでした。
井上雄彦も「リアル」が欲しかったけれど、翻訳されていたのは
バガボンドとスラムダンク。

なかなか難しい物です。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-11 20:15 | ドイツのこと


<< 岡崎京子のヘルタースケルター、... オレンジケーキのレシピ >>