ベルリンで、鍼治療。その2

鍼、2回目を行いました。

日本では、健康保険で鍼治療を受けられる病気が決まっているようですね。
ドイツでももしかしたら、
決まっているのかもしれません。
私の場合は、腰痛/肩こりです。

鍼治療だけを受けに行っているわけではないので
健康保険でカバーされるのだと思います。

もともと、かかっているお医者さんが、鍼治療もやっている

医師の診療を受けた後、
かかりつけの医師(私の場合は同じ人物)から
鍼を受ける同意書をもらっている。

という手順になるからです。

今日もぶっすり。
ステンレスの長い針を
プラスチックの筒みたいのからぷすっと入れているようです。
耳に刺されるのはちょっと気持ちが良く、
手の甲に刺されるのが一番痛みを感じます。
おでこに刺した針は,抜いたら血が出ました。

その後15分ほど寝かされます。
寝相が悪いので、
うっかり寝入ってしまって、大惨事になっては大変、と
ちょっと緊張しながら横になっています。

今日はじわーっと肩が暖まって、
いい感じでした。

この病院では、日本のお医者さんが始めたらしいテーピング(キネシオテーピング)や
吹い玉なんかもやっています。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-09-04 00:23 | ベルリンのこと


<< 洗濯機選び、とりあえずは◎ シャウラーガー/Schaulager >>