ベリー、ゴーヤー、Pfifferlinge

ベルリン近郊、ブランデンブルク州で
ブルーベリー摘みをしてきました!
d0086063_729784.jpg

以前、チューリンゲンの片田舎の村でいちご摘みをした時
その味、香り、柔らかさ、ジューシーさ・・
お店で買うものとあまりに違うのでショックを受けたので
今回も、そんなショックが待ち受けているに違いない!!
と思って行ったのですが・・
うーん、
あんまり変わらなかったですね。
でも木から直接摘みとって食べるのはひと味違います。
1キロ近く摘んできたので、ジャムにするか、フレッシュタルトにしようと思います。

d0086063_7283228.jpg

夕食は、薪窯で焼いた、
パリッパリの美味しいバゲット(オリーブとドライトマト入り)と
苦瓜のサラダ(とデザートにブルーベリー)
ゴーヤー大好き!
日本で売っているのより色が薄くて、
炒めた時味がぼんやりしている感じはするのですが
夏になると条件反射のように買ってしまいます。
ゴーヤーチャンプルーとか
塩水にさらして、そのままサラダや冷や奴とかにのせて食べています。

昨晩は
この時期、旬のPfifferlingeを食べました。
d0086063_7294299.jpg

日本語ではアンズタケといわれるキノコ。
Pfとffが重なってて、どうも発音がうまくいかないのですけど
独特の歯ごたえと炒めたソースが噛んだ時じゅわっと出てくる感覚が良いです。
旬の間は、レストランでみかけたら、必ず注文。

これはミッテ、Ackerstrasseにある
リーズナブルで美味しいピッツェリア「パパ・パーネ」で注文したサラダ。
この店、巨大で美味しいピザが10ユーロ以下。ミッテでは重宝するお店です。
サルディニア風の茄子のカポナータも美味でした。
レーズンと松の実、オリーブの実が入ってたのですが、これは真似できそう。

サルディニア料理というと、
フランクフルトにあるサルディニア・レストラン
Ristorante Sardegnaで食べたのが美味しかった!!
フランクフルトに行く度、お金があれば必ず食べに行きます!
日本語メニューもあるくらいなので、すごく有名なお店だと思いますが

サルディニアに一度行ってみたいです・・。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-08-11 07:31 | 食卓のこと


<< ブルーベリーのタルト お父さん、認める? >>