クナッキー

Knacki〜クナッキー。
かわいらしい言葉のように聞こえますが、これは“囚人”を表すドイツ語の1つ。

友達と、またまた刑務所の話をしていて
びっくりしたことがありました。
『ドイツの終身刑は15年』ということです!
ドイツ語でも、
Lebenslaenglich(一生の長さ)という言葉で示される終身刑。
一生涯刑務所に入っていなければならないのかと
思っていたのですが、15年?!

例えば20歳で入ったとして35歳には社会に出てしまう。
これは終身刑とすると、随分短いように感じられますが、
日本ではもっと短いのだとか。
といっても、
あくまでも、出られる基準。
たいていは20年〜くらいは刑務所内に居なければならないのだそうです。

時々は、3回終身刑、とかいう判決がでることもあります。
3回一生分?って、なんだか変ですが、
ドイツは死刑がないので、死刑に当たるような、一生刑務所、という刑なのでしょう。

スペインの鉄道爆破テロの裁判が続いていますが、
何百人という人が犠牲になった事件なので、
犯人は
3万9千年という刑期を受けるよう、判決が下されたそうです。

そんなの、無理なんですが、要は、刑務所から一生出て来れないように、
ということなのですよね。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-07-09 21:30 | ベルリンのそと


<< スイス、チーズ祭り 笑えない人たち。 >>