笑えない人たち。

刑務所のお話の続きです。
d0086063_21515410.jpg


刑務所内は撮影禁止です。
でも入口なら良いかな?とパチパチやってたら、
後ろの人が、真似して携帯電話のカメラで撮影を始めました。

こそこそやってた私と違って、
目立ったらしく、すごい勢いで刑務所の人が飛んできました。

『すぐさま撮影をやめなさい!やめないのならすぐ立ち退きなさい!』
怒り狂った様子の刑務所員に、
まあまあ、大した事じゃないでしょ、となだめたかったらしく、
後ろに居た男性はニッコリしながら
『まあまあ。文句があるなら、
私に手錠をかけて、5年ぶち込んだら良いでしょ』
と言ったんですが・・・
まったくジョークが通じるような人じゃなかったんですね。
まあ、
間の悪い冗談だったのは認めますが・・

『そんなジョークで、笑えというのか! 今すぐ、出て行け!』
そ、そこまで怒らなくても・・・
緊張が走ります。

『いやでも、この人が最初に撮影してたんです。
あなたは彼女には注意しなかったではないですか』
と、後ろに居た彼は、撮影を始めた私に罪をなすり付けようとするので
私は、にっこり笑って、
『すみません、今すぐ撮影をやめますから』
と言って、目の前でカメラをバッグにしまいました。
『それで良いんだ!』と怒りながら立ち退く刑務所員。

いやはや。
さすが刑務所だわ・・とひやひやした出来事でした。

刑務所の撮影は、
その写真から、脱走者が出るかもとか
なんだかんだ理由をつけて、不可なのですが、
入口くらいは問題ないと思うのですけれどもねえ・・。

入口から入ると、
中で、小さなボックスに入って、女性の訪問者は女性の刑務所員が
男性は男性の刑務所員が、ボディーチェックをします。

私は、ポケットに入っていた飴を取り上げられました。
買ったばかりだから、取り上げても、
出る時に、返してくれるのかと思ったら
ゴミ箱に捨てろと言われてびっくり。

やはりお役所体質ですね。
皆、警棒だのなんだのを腰回りにごっちゃりつけていました。
もちろんハードな職場だからしょうがないのでしょうけれど、
もうちょっと、人間的な対応をしてくれても良いのではないかなと
思ったり・・・考えさせられた出来事でした。
写真は、曰く付き(笑)の入口の写真です。消せとは言われなかったので良かった。。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-07-08 21:52 | ベルリンのこと


<< クナッキー 刑務所に、行ってきました。 >>