ニュルブルクリング

日本はいよいよ梅雨入りしたようですね。

ベルリンは不安定な天気が続いています。
昨日ケルンへ行ったのですが、帰りの飛行機はぐらぐらの大揺れ。
ちょっぴり冷や汗がでて、久しぶりに飛行機酔いをしてしまいました。

日本からヨーロッパ行きの飛行機はかなりの長時間なので
飛行機酔いすることも、むくみもありましたが、
ヨーロッパや国内の往復便では1時間から最長でも2時間。
飛行機酔いしたことも、むくみも出た事はありません。
イージージェットのような、しょっちゅう遅れて、サービスも悪いところだと、
乗る前の不快感はあるものの、最近よく使っているエアーベルリンは
サービスもそれなりに良くて快適です。

さて、昨日は、ケルン空港から車をレンタルし、
フェラーリのイベントのため、ニュルブルクリングに行ってきました。
(レンタルした車は残念ながら?フェラーリではなく、BMWでした。BMW好きです)
ドイツでも一番有名なサーキットコースです。
(東にはザクセンリングがあります)
24時間耐久レースとかもやってます。

今回は、フェラーリを自前で持っている人たちが走らせるイベント。
歴史的なアンティークカーが、空港からニュルブルクリングに向かって
走っている道々で、私達の前を、横を、後ろを走っていきます。
モダンな車ももちろん、すごいスピードで私達を追い越していきます。

会場に到着すると、
時速350キロは走れる、F1車もありました。
d0086063_2214451.jpg


ぶおんぶぉんぶぉん、
すごい爆音が会場中に響き渡っています。
車好きでない私も、何か血が騒いでしまう、あの音。

町中を走れないF1車ですから、
オーナーさんたちは今日のチャンスを逃してなるものかと
調整に余念がありません。
ちなみに、F1車はどれも、いくつかのグランプリで優勝しているものばかり。
シューマッハーとか、ジャッキー・イクス(本人来ていました)とか
名前が入っています。
何億円という値段のその車。大抵の人は、一台と言わず、何台も持っているよう。

でも、
オーナーのひとりに聞いてみたところ、
普段使いの車はメルセデスだと言っていました。
『メルセデスは、牛乳を買いにいくのに使う車さ』

・・・
うーん、なかなか想像のつかない世界ですね。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-06-27 22:15 | ドイツのこと


<< Vattenfallって、どうよ? 柏餅、桜餅、そして抹茶ロール >>