ハンガリー、グミと女性のこと

急に忙しくなってきました。

自由業なので、暇なときは本当に暇で暇で暇で暇で暇すぎて、
ミニバケツに貯めている、他の国のユーロコインを分別してみたり
(表は同じデザインなのですが、それぞれ国別に違うデザインなので
面白いんです。たまにドイツ以外が混じっていると
おっと思って小さなバケツに放りこんでいたんです。
1セントとかの小銭が案外見つかりません)
とれかかっていたボタン付けをしてみたり。

大掃除するとか、有益な方向に暇つぶしをすればいいのですが、
暇つぶしというのは、なんだか無益なことをしてしまいますね。

本はやたらと読みました。
今年の芥川賞受賞作というのも貸して頂いて読みました。

ブタペストで買ったグミも食べてみました。

スーパーで見たところ
ハンガリーではグミの普及率はドイツと比べ、あまり広くないように思われました。
ドイツならば1段、ずらりとグミが並ぶところ、
グミは真ん中下あたりから始まり、4列くらいで終わってしまいます。
d0086063_1911996.jpg


内容はハリボーとカッチェスというドイツ製品に
ハンガリー語のシールを貼っただけで
d0086063_1912162.jpg

あまり特徴がありませんでしたが、
大きな違いのひとつが、その内容量でした。
ドイツは200g入り、250g入り、そして300g入りなんてのも
普通にスーパーに並んでいます。
が、
ハンガリーではなんと100g入りの小袋がメイン!!
おおお〜〜!!

ドイツはヨーロッパ1の肥満大国という発表があり、
政府は、お菓子に、特別な税金をかけるなどの対策を考えている
とも聞きますが、
値段を上げるより、袋を小さくすれば良いのに・・と
常々思っていました。

ハンガリー人は、
私の観察した限りでは、ドイツ人より痩せ気味のように思いました。
特に女性は、細くて、
独特の服装をしていました。

ミニスカート/ぴちぴちのジーンズ に ピンヒールのハイヒール

一瞬、娼婦でしょうか?と間違えてしまいそうになるほど
化粧が濃いんです。
もちろん、普通の人も居ますけれども、
繁華街に行くと、こういう格好の人がすごく居て
びっくりしました。

ドイツ人の女の子たちは、夏で、涼しげな格好をしていても
こういう雰囲気ではありません。
ぴちぴちジーンズでも、下はぺったんこのサンダルだったり
スニーカーだったりするからでしょうか。

その話を、友達にしたところ、
モスクワでもそうだった。あのかっこう東っぽいよね〜、と
言っていました。
そして、そういうひとの側にいる男性が、
オシャレだったり、似た雰囲気の格好ならまだわかるのですが、
いたって普通、適当なかっこうで、
女性のハンドバッグを持ってあげているのだそうです。

・・?
よくわかりません。

すぐお隣の国なのに、ここまで人の雰囲気が違うんだ、
とあらためて思ったできごとでした。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-06-03 19:12 | ベルリンのそと


<< ドイツ語の夢、『A-A’ 』 ファティ・アキン監督、河瀬直美... >>