ドナースマルク監督の『公正な態度』

下に書いた、
『善き人のためのソナタ』アカデミー賞受賞の舞台裏
(というか、ワイドショー的ネタというか・・)の続編です。

27日付けのターゲスシュピーゲル紙3面には
フローリアン・ヘッケル・フォン・ドナースマルク監督が
高々とオスカーを掲げる写真と、記事が掲載されていました。
その中で、やはり、
アカデミー賞授賞式、招待状4枚事件の話にもスポットが当てられていました。

どうやら、
監督がマルティナ・ゲデックを連れて行かない、
という結論を出し、それに対して彼女が辛辣なコメントを寄せた後
5枚目の招待状を頼み込んでもらったらしいんですね。
で、
監督
『やっと、もう1枚だけ手に入った。
彼女が病気で寝込んだりしないで、来てくれると良いね』

ゲデック、行かなかったんですね。
チケットもらったのに。

でも今更・・という気持ちもしたでしょう。
1つの作品に対して頑張って来た2人の間に、
深い溝ができてしまったようで、残念です。

監督もでもちょっと皮肉りすぎかも。

『私は女性に対して、とても慇懃なんだけど
それより、公正な態度をとりたいんだよね』

監督にとっては
『公正』は、主演男優2人はどちらを片方でもおかしいし
ということで女優さんを無しに、
ということだったようですが、
最初の1枚はどうしても奥様に、ということだったようです。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-02-28 03:39 | 映画、だいたいドイツ


<< ベルリンの外人たち 善き人のためのソナタがアカデミ... >>