ビール純粋令と冬のメルヘン

すっかりご無沙汰になってしまいました〜。
皆様から頂いたコメントにも返事が遅くなってしまってごめんなさい。

1月末から、いくつか、ファッション撮影のお仕事があり
それが終わってすぐ、
デュッセルドルフの方へ出張に行っていました。
ああ、もうベルリン映画祭がはじまるというのに
全然チェックできてません〜〜〜!!!
きゃー!

そういえば、下に書いているボイラー事件、
昨日、やっと直りました。17日もボイラー無し!!ひどすぎです。



さてさて、デュッセルドルフ!
10年近く前に一度行ったきりでしたが
『行ったら、色々日本の食材や、本を買い込むぞ〜』と
張り切って行きました。
泊まったホテルはホテル日航。
なんとBSでNHKが見れるので、暇があればテレビを見てました。

『中国のトキ特集』
『各地の節分豆まき行事』
『コンビニ』
などなど・・

後は、ニュース!
テロップがでるのが目新しく感じました。

デュッセルドルフでは、
アルトシュタットという、旧市街に繰り出して
アルトビールを自分たちのお店で作っている醸造所&居酒屋&レストラン
みたいなところで
アルトビールを試してみました。

下戸下戸でも、ワインはけっこう飲みたいなあ、飲めたらなあ、
と思う事があるのですが、
ビールはまったくといって良い程飲めない&飲まなかった
のですが、
頑張って色々試してみました。
うーん・・どうでしょう・・アルトはあまり好きでないかも・・。

でも醸造所内で飲んだできたてのピルスナーとかは
驚く程美味しかったです!!!

さて、
ドイツは、チェコについで、
国民1人頭のビール消費量が多い国。

『ビール純粋令』というのがあって
麦、ホップと酵母、水以外は
ドイツでのビール製造には使ってはいけないのです。
(保存料などもだめなので、海外輸出向けのビールには熱処理などが
別に行われていたりするそうです)
写真は、アルトビールのレストランで見かけた
『ビール純粋令に従って醸造しています』の看板です。
d0086063_16574750.jpg


最近はビール消費も減少傾向にあると言われますが、
それでも、2006年は1人頭120リットルの消費があると言われています。

120リットル!!
私の周りの人たちは全く飲まない人たちなんですが
そう言う人たちも居るということは、
どこかで、毎日2、3リットルくらい飲んでる人たちが居るということです。

(前年度は115リットルくらいだったのですが、
ワールドカップ効果でビール消費量がぐっとアップしたのです。
やっぱり、サッカー観戦にはビール!ということでしょうか)

サッカー観戦といえば、
ドイツでは、一昨日まで、
ドイツで開催された、ハンドボールのワールドカップが大盛り上がりでした。

ハンドボールというと、なんとなく、地味なスポーツというイメージですが
ドイツは準決勝、決勝と勝ち上がって行くうちに、
『ワールドカップ、2006年の夏をもう一度』な気分になったらしく
窓からドイツ国旗をかけている人が現れたり、
ビールを大量に買い込んで
プロジェクターで大画面にして観戦している家があったり
ちょっぴり、ワールドカップの熱が再燃、と言う感じだったのです。

2006年の夏、3位までのぼりつめたドイツチームは
『夏のメルヘン』と言われましたが、
今回の、ドイツ・ハンドボール・チームの優勝は
『冬のメルヘン』と書いている新聞なども。
2万8千人ものファンが、優勝したドイツチームを迎えるため
ケルンの市庁舎に詰めかけたそうです。
[PR]
by berlinbau7 | 2007-02-06 16:58 | ドイツのこと


<< ベルリン映画祭、注目は『ザ・焼... ああ、ベルリン中央駅 >>