ドレスデンのクリスマス・マーケット

d0086063_14373251.jpg


昨日は、ドレスデンに行ってきました。
ゆっくりめに時間をとったつもりが全然時間がなくなって
すっごく楽しみにしていた
ドレスデンのクリスマスマーケットも
入口見て、
クリスマス飾りを2つ買って、
写真撮って、
駆け足で回って
そのまま中央駅へ・・がっくり。
来年は、クリスマス・マーケットだけを見る為に行きたいです!!

ベルリン、シュパンダウのクリスマスマーケットについて書こうと思った時、
この、ドレスデンのマーケットについて調べたのですが
ここが、どうやら、クリスマスマーケット発祥の地なんですね。
名前は、シュトリーツェルマルクト、と独特の名前で、それもまた良い!
クリスマス好きとしては絶対見なくては!と思っていたマーケットだったんですが・・

写真のピラミーデ/ピラミッド
(本当はもっと小さくて、4つの角にロウソクをたてると
そのロウソクの熱により、てっぺんにとりつけられた羽がゆっくり回転、
何段かにわけられた、色々なクリスマスシーン〜例えば、キリスト誕生や
三人の賢者がらくだにのってたずねてくるところなど〜が
一緒にくるくるまわる、というもの。
ロウソクの光のつくる、ゆらゆらした影がゆったり動く様子にひきこまれます。)は
14mもあって世界最大級のピラミーデとしてギネスブックにのっているとか。

ギネスブックはともあれ、
さすがErzgebirge (木彫りの人形、玩具などで有名なザクセン州の山岳地方。)
で有名なザクセン州、木彫りの人形はかわいく、ピラミーデのデザインも素敵でした!

今日はライプチヒ行ってきます〜!
[PR]
by berlinbau7 | 2006-12-15 14:46 | ドイツのこと


<< ハヌカ・マーケット クリスマスマーケットとサンタ >>