ハヌカ・マルクトと、17番線

週末、
下の豚ちゃんがあった
クリスマス市を覗きにいくため、
グリューネヴァルトまで行ってきました。
d0086063_1845280.jpg

グリューネヴァルト駅には、
『Gleis 17』17番線があります。

これは、
ベルリン市内に数多く設置されている
ホロコースト慰霊碑のひとつ。
クリスチャン・ボルタンスキーの、『失われた家』のインスタレーションや
ミハ・ウルマンの焚書広場の『からっぽの図書館』のように
アーティストの作品、というわけではなく、

乗車したユダヤ人の数、
場所、
日付、
行き先が
ただ、
記録として刻まれた鉄の板が
プラットフォームのように続いていく
とても静かな慰霊碑です。
d0086063_1843118.jpg


ベルリンから、アウシュヴィッツ、テレジンといった強制収容所に
何千人ものユダヤ人を乗せ、走っていった列車。

その列車の名前、日付、行き先、人数が刻まれた鉄の板が
ながく、プラットフォームのように続いていきます。

その駅には屋根がなく、線路の向こうには何も遮るものはありません。
ただ続いていく空と、閑散とした風景。
このむこうに、何千人もの命を飲み込む闇が広がっていた時があるのだなあと
思いました。


別の日にですが、
ユダヤ・ミュージアムで行われている
クリスマス・マーケットならぬ、ハヌカ・マルクトを見てきました!
ユダヤ教徒の祝う、クリスマスのようなお祭りです。

入る時、
やはり厳重なボディチェックと、持ち物検査を受けました。

戦争からは何十年もの時が過ぎたけれど、
いまだに
テロや脅迫などが消えていない事を、
思い知らされるのです。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-12-05 18:05 | ベルリンのこと


<< リトル・ミス・サンシャインとク... 子豚丸焼き >>