クリスマスの準備その2と税関のこと

ポツダム広場のクリスマス市の様子です。

d0086063_4422123.jpg


本当は12月2、3日の週末から始まるはずのクリスマス市ですが
ここは、例年数週間前から始まります。
というのも、
氷を使った滑り台みたいのを毎年設置していて
それで人が集まるからでしょう。
広場全体に市場が広がるのは週末からになります。

かなり小規模ですが、
レープクーヘンや、
ローストアーモンド砂糖がけ、
スパイスがたっぷり入った甘いホットワイン『グリューヴァイン』
などの
クリスマス市定番屋台はちゃーんと並んでいます!!

さてはて、今日は税関に行ってきました。
というのも、スイスから注文したクリスマスツリー飾りが
ばっちり税関に引っかかってしまったからです。

『こんな大量に注文したのも、
通販は50フラン以上、という規定があったからで・・』
とホームページの通販に関する項目のプリントアウトを見せ説明すると、
あっさり、税金を払わずに通してくれました。

私はまだ、税関でお金を払った事がありません。
言葉がまだ出来なかった頃『もずく』やら『インスタントみそ汁』
『乾燥納豆』を説明するのが大変でしたが・・

けっこう緩いのは良いんですが、
毎回、ベルリン市南部までひーこらと行かねばならないのが面倒。
しかも、最寄り駅からちょっと遠いんです。

一度、新米10キロを送ってもらった小包が
よりによって税関に届いてしまい、
よれよれ運んだことも・・。

個人からの郵送物は基本的に税関には届かないようですが、
『薬(英語標記)』と標記されていたり、
中身の値段が高すぎたりすると、チェックが入るようです。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-11-23 04:42 | ベルリンのこと


<< ジャンダルメンマルクトのクリス... ドイツのハーブティー >>