Gaenseleber

パーティの残り物はまだまだあります。

秋から冬にかけて、
ドイツの肉屋さんや、高級食材店にならぶものといえば
『Gaenseleberwurst ガチョウのレバーソーセージ』。
d0086063_15365916.jpg

写真の物は、
先日、『血のソーセージ、ヨーロッパチャンピオンの店』
という店にお買い物に行った時に、買ったんですが
これが美味しい!!

フォアグラにはもちろん及びませんが、
滑らかな舌触りでスパイスが利いて、
ぷちぷちっとした塊が入ってるのがアクセントになってて美味しい事。

私はレバー一般が苦手なんですが、プルーンをスライスしたのを
合わせたり、ローズマリーとかのハーブを混ぜて食べると
美味しく食べる事ができます。

しかし、このソーセージ、
レバーだけでなく、美味しさの秘密の為に入っている
Gaenseschmalz(ガチョウの肉を暖めた時にたまる脂)がたっぷり。
もちろんこれは美味しいのですが、
カロリーたっぷり。
何せ100%脂分ですから。。

ちょっと食べたら、次の日、ぷちっとニキビができていました。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-11-08 15:37 | 食卓のこと


<< Viktor & Rolf f... 宴のあと >>