『Sehnsucht』

やっと、
やっと、ホームページを更新する時間ができました。。
先日見に行った『Sehnsucht』について。。Sehnsucht
まったくもって悪くない映画だったのに、なぜか好きになれなかった映画でした。
それは主人公の顔が苦手とか、そういうサマツな所もあったのですが
『アコガレ』の質も、けっこう私にはわからない部分も多かったように思います。

大都市には、この映画に出てくるようなテンポで暮らしている人は少ない、
ので、わかりにくかったということもあるかもしれません。
都会には街自体に力と動き、変化があります。
消費の街、東京に比べれば、ベルリンは消費欲をかき立てるものは少ないけれど、
美味しいカフェがあると聞けば行きた〜い、と思うし、見たいものだって沢山あります。欲をかき立てるモノだらけです。
そこに身を任せていると、刺激にもいつか慣れ、大騒音の中でも無関心でいられます。
何かを欲する気持ちは、常に起こることなので、もうそれには慣れきっています。
だから、自分の中には、イマイチ、この映画の主人公たちの『憧れ』が
理解できなかった部分もあるかもしれません。

・・閑話休題。

本日から、ドイツは冬時間になりました!時差は8時間!
時計の針を1時間遅らせて、なんだかちょっと得した気分になりました。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-10-29 21:03 | 更新情報


<< 秋の徒然 ドイツの病院 >>