からふる夜景

『フェスティバル・オブ・ライト』というのが今、ベルリン市内で行われています。
町中のいろんな建物が変わった色でライトアップされたりしているもの。
週末は、大聖堂が、派手な紋様でライトアップされてて面白かったんです。
d0086063_14251991.jpg

再び少し暖かくなったこの週末の夜、
街には、このフェスティバルを見よう、撮影しようという人であふれていました。

d0086063_14245379.jpg

写真は、携帯のカメラで撮ったパノラマ写真。
『パノラマ』って言っても
1枚1枚撮影するごとに、その前の残像が少し残るようになってて
それに継ぎ目を合わせて次の写真を撮影するという
つぎはぎパノラマ。
継ぎ目の部分が真っ暗なのであまり気になりませんが。
左手にあるのが
虹色にライトアップされた旧博物館(アルテス・ムゼウム)
右手が、万華鏡の中みたいな模様になった大聖堂です。

ちなみにこの写真を撮影したのは夜7時。
今週末から冬時間になるのですが(時差が8時間になります)
それも納得。
朝は8時くらいまで暗いし、夜は7時には深夜みたいに真っ暗。
長い夜を楽しむ工夫をしておかないと、鬱病になりそうな暗さです・・。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-10-23 14:25 | ベルリンのこと


<< ほうとう 1分で、4千6百61ユーロ >>