ドイツのナンバープレート

下の記事に頂いた樅の木さんのコメントにお返事を書いていて思ったのですが、
ドイツのナンバープレートもけっこう面白いですね。

最初のアルファベットは、その街のものが付くようになっています。
例えば、
ベルリンだったら、B。もちろん同じ頭文字の街も多いので、その場合は、一番規模の大きな都市が頭文字1文字をもらい、後は、2文字、3文字とかで表されます。
唯一の例外は、デュッセルドルフとドレスデン。
本当は、ドレスデンの方が規模的には大きいそうなんですが、このナンバープレートが制定された時、まだドレスデンは旧東独側だったので、デュッセルドルフが、頭文字D、となり、
統一後も混乱を防ぐため?に、そのままになったそうです。ちなみに、ドレスデンはDDです。

ハンブルクは、ハンザ都市ハンブルクなので、HH。

ベルリンでは、OHV、PM、Pなどもよく見かけます。
OHVは、Oは、オランニエンブルクの頭文字だとは思いましたが、後は???
調べてみたらLandkreis Oberhavel in Oranienburg だそうです。
Pはポツダム。PMはPotsdam-Mittelmark 
なるほど・・。

ウィキペディアに、ドイツのナンバープレートのリスト(List der Kfz-Kennzeichen)があったのでこれで見たのですが、けっこう面白いです。

車に興味は無いのですが、ナンバープレートを見て、変わった語呂合わせにしている人がいると、
どんな人が乗っているのかな〜と興味がわきます。
ベルリンにあるBMWの多くのプレートが『BMW』だったりします。
でも、以前、ボロボロのVWゴルフに『BMW』のナンバープレートがついていてウケました。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-15 14:47 | ドイツのこと


<< 今日はベルリンで選挙です! ヴ... ドイツの名前 >>