ドイツの名前

面白い名前の人と知り合いになる。
『シャーデ』さん。
残念、気の毒、もったいない・・あらら、というような名前だが
本人は至ってポジティブ。
子どもの時からかわれたりしたかしらん、とよけいなことを考える。

他に知り合いでは、『ペヒ』さん、もいる。
不幸とか、そういうような意味だけれど、私が名前を聞き返したら
『ペヒ、幸運、のペヒ、よ!』と明るく言った。

『ヴーット』怒り、さんも居る。
彼はその名の通り、太い恐ろしげな声で怖い。しかもいつも仏頂面。
名は体を表す、の通り。

マウワー(壁師)、メツカー(肉屋)、マイヤー(小作人)、シューマッハー(靴屋)、フィッシャー(漁師)とか、職業の名前が多いように思いますが、どうなんでしょう。
スイスに行った時、ドイツ語だとシュナイダー(仕立て屋)が、なまってシュニーダーという名前になっているようだったのが面白かったです。スイス語?には『 i 』で終わる言葉が多いようです。


シュタイン(石)さんは石田さん、
ブルーメ(花)さんは花田さんとか
かってに頭の中で日本語変換して楽しんでいます。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-14 19:10 | ドイツのこと


<< ドイツのナンバープレート サシャ・ヴァルツと託児所 >>