オモニの店

昨日は、韓国人の知り合いがオープンさせた、韓国&日本料理店にお食事に行ってみました。
『オモニ』の名前の通り、お母さんも厨房に入って家族経営のお店。
しかしインテリアはいかにもプレンツラウアーベルクっぽく、
アンティークのランプと、木製でシンプルなテーブルが並ぶ、しゃれた雰囲気。
食事は、彼の創作メニューがなんといっても一押し。
オクラを芯にして、まぐろでくるりと太巻きのように巻き、
周りをノリで巻いてぱりっと表面を焼いたマグロ・ロールは、
おおっ!というくらい美味しかったです。
d0086063_2056111.jpg

後は、ごまをつけて香ばしさを出したマグロのタタキも、後を引く美味しさ。
後はエビ天巻きもむっちりとしたエビがおいしかったこと!
マヨネーズを入れたり、とにかく味付けが濃いめにしてある寿司がベルリンでは多いですが
私はマヨも好きでないし、濃い味も苦手なので、これくらいがいい感じ。

おススメの白ワインを頼んでのんびり食べていたら、
イワシを酢で絞めて、ショウガをさっとすった物を上にのせた握りもサービスしてくれました。
どれも、素材の味をいかす工夫を凝らしていて、優しい味がしました。
セットメニューより、握りを色々頼むのが良いのかも。
盛り付けも、キレイです。
ビビンバも食べてみましたが、石焼ではなく、野菜をたっぷりのせた、冷たいビビンバ。
韓国のおふくろの味的なサイドメニューも、徐々に増やしていきたい・・・
お茶もいろんな種類を入れて、昼間は、お茶が楽しめるようなスペースにしたい・・
と、
色々試行錯誤があるようです。
でも、まだオープンしてから数日、これからどんどんメニューが増えて楽しめそう。
また、メニューが増えた頃に、遊びに行ってみたいと思います。

ちなみに、
住所は、Kopenhagener Str.14
Schoenhauser Allee駅から、徒歩5分〜10分くらいのところです。

昔住んでいたところにとても近いのですが、
そこに住んでいた頃は、このコペンハーゲナー・シュトラーセは暗くて、店など一件も見当たらないような道でした。
(友達は、『北斗の拳、に出てくる世界のような・・と表現していました。荒廃してるってことかな?』)
でも今や、アジアショップはあるし、けっこう美味しいカフェはあるし、
すっかり開発されてきた感じ。
オモニの店を中心に、栄えてくると面白いな〜と思いました。
[PR]
by berlinbau7 | 2006-09-02 20:57 | 食卓のこと


<< ドイツワインは美味しい! ベタニエンのオープニングに行く。 >>